債務整理の借金返済手続は任意整理・民事再生・自己破産・過払い金請求の4つの方法があります。

そして、債務整理の借金返済手続の中でも利用者数が一番多いのは任意整理です。

任意整理を利用する人が多い理由は、他の手続きに比べ比較的簡単に行えるからです。

ただ弁護士や司法書士に依頼するため、任意整理には費用が発生します。

任意整理はいくら費用が掛かるのか予め理解してから任意整理を行うべきかどうかの判断の材料にしましょう。

任意整理の費用を確認する前にまず知っておくこと

任意整理の費用を確認する前に、よく使われる用語があります。

こちらで紹介する用語は、民事再生や自己破産、どの債務整理を行ったとしても良く使われる用語です。
これを知っていると知らないとでは、任意整理を考える上で大きな差が出ますので、始めにチェックをしておきましょう。

任意整理の費用を知る上で必要な用語1

相談料です。
相談料は、任意整理について弁護士や司法書士に相談したり、返済についてアドバイスを受けた場合に発生する料金です。
その後、借金返済について依頼するしないに関わらず発生する費用です。
最近は無料の弁護士事務所が多くなってきています。

任意整理の費用を知る上で必要な用語2

着手金です。
弁護士や司法書士に任意整理を依頼する事を決めた場合に発生する料金です。
借入先1社につき、費用が発生する事が多いです。
借入先1社に対しての交渉依頼費用となり、任意整理がうまくいかなかったり、借金が減額されなかったとしても支払う費用です。
任意整理の着手金の費用は約2~4万円が相場となっています。

また1社の借入先を依頼する場合と複数の借入先を依頼する場合でも費用は異なってきます。
着手金も相談料同様、事務所によって無料の場合があります。
しかし相談料ほど数は多くはありません。

任意整理の費用を知る上で必要な用語3

基本報酬です。
借入先との借金問題が解決し、和解が成立した際に弁護士や司法書士に支払う料金。解決報酬という場合もあります。
基本報酬の費用は約2~3万円が相場となっています。
こちらも着手金同様、1社あたりに費用が発生します。

任意整理の費用を知る上で必要な用語4

減額報酬です。
任意整理により借金が減額した場合、弁護士や司法書士に支払う成功報酬です。
弁護士事務所によって用語が違う場合があります。減額成功報酬・成功報酬という場合もあります。
減額報酬は基本報酬とは異なりますので、注意をしてください。
減額報酬は、例えば任意整理手続きを行い、弁護士事務所の減額報酬が20%だった場合、任意整理を行い、借金が100万円減額した場合、減額報酬として、弁護士に20万円支払います。
弁護士によっては減額報酬がない事務所もあります。

任意整理の費用を知る上で必要な用語5

過払い報酬です。
借入先に過払い金があり、借入先から過払い金を取り戻した際に弁護士や司法書士に支払う成功報酬です。

過払い金報酬は弁護士事務所によって異なりますが、借入先から取り戻した金額の約20~25%支払う事が多いです。
長く借金返済を行っている方は、過払い金があり、過払い報酬が発生する場合があります。

上記5つの用語が任意整理などの債務整理の費用を話す上では欠かせない用語となります。
弁護士事務所に行ったとしても、任意整理について調べている際も出てくる用語になりますので覚えておきましょう。

弁護士・司法書士事務所によって多少用語が異なる場合はありますが、「相談料」「着手金」「成功報酬(減額報酬)・過払い報酬」の3つを覚えておけば、似たような言葉で説明しているだけなので最低相談料」「着手金」「成功報酬」の3つは覚えておきましょう

任意整理を弁護士に依頼した場合の費用はいくらか


任意整理を弁護士に依頼し、任意整理が無事成功した場合支払う費用は約10~20万円程度が目安となっています。

しかし、弁護士に依頼する借入先の数や借金をどれだけ減額したかによって費用は異なります。
弁護士と話した後、すぐに依頼するのではなく、どのぐらいの金額が掛かるのか自分自身で把握するようにしましょう。

任意整理の基本的な計算方法は
【着手金×借入先の数】+【基本報酬×借入先の数】+【成功報酬(減額報酬額、約20~25%)】
です。

仮に、借入先が1社で減額50万円できた場合、
任意整理の着手金の費用は約2~4万円ですが、例では一番低い2万円とします。
基本報酬の費用は約2~3万円ですが、基本報酬も例では一番低い2万円とします。
減額報酬は20%の事が多いので、20%にします。

この場合、
着手金・基本報酬・成功報酬を合計すると、

(2万円×1社)+(2万円×1社)+(50万×0.2)=14万円

弁護士に支払う費用は14万円となります。

14万という金額が高いと判断するか低いと判断するかはあなた次第ですが、
私は借金している状況で14万円は高いと感じてしまいます。

そして、忘れてはいけないのが、着手金と基本報酬は借入先が増えるごとに金額は増していきます
減額できた金額が50万円と一緒で借入先が2社、3社となっていた場合、
借入先が2社では着手金と基本報酬を合計すると8万円となり、弁護士に支払う費用は18万円
借入先が3社では着手金と基本報酬を合計すると12万円となり、弁護士に支払う費用は22万円となります。

減額金額が同じだとしても、借入先の数によって支払い費用は大きく異なります
また、任意整理を考える方は2社、3社と借入先があると思います。
着手金や基本報酬が借入先の数によって着手金や基本報酬が2倍、3倍と費用が増えていく事を予め覚えておきましょう

任意整理のメリットやデメリット、費用を理解した上で弁護士に依頼しよう

これで任意整理の費用について、理解が出来たと思います。

任意整理をする事で、借金を減額できたり、借入先からの催促がなくなったりとメリットも大きい反面、任意整理が成功し、借金完済が出来たとしても約5年間ほどお金が借りれなくなるというデメリットもあります。

主な任意整理のメリット・デメリット

また任意整理は、借入先に2~3年で借金を完済する事を条件に交渉をします。
交渉が成立したが、借金があまり減額されなかったとしても、2~3年で絶対に完済しないといけません。

借金完済の期間が決まる事は、支払える額であれば問題ありませんが、支払う額が生活ギリギリの場合、とんでもない事にもなりかねません。

任意整理を行うとしても、弁護士とよく話し合い、最悪の場合を想定しつつ、任意整理を行うようにしましょう。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。