借金返済をする債務整理の中で中間的位置づけにある民事再生(個人再生)。

そんな個人再生ですが、失敗する場合もある事をご存知ですか?
個人再生の申込を行えば必ず成功する訳でありません。失敗もありますので注意が必要です。

では個人再生が、失敗する場合とはどういうケースなのか、個人再生を申し込む前に自分に当てはまるか当てはまらないか確認をしましょう。

民事再生(個人再生)失敗する場合

民事再生(個人再生)が失敗してしまうケースは2つあります。

借金返済不可能だと裁判所に判断された

1つ目は、個人再生の申立てを行ったとしても、借金の返済が不可能だと裁判所に判断された場合、個人再生は失敗に終わります。

個人再生は裁判所に申立てを行った後、裁判所に再生計画案を提出します。
個人再生にとって、この再生計画案が非常に大切です。
この再生計画案は、個人再生によって大幅に減額された借金を、3年間という期間の中で確実に支払いを行えるかどうかを審査します。

この裁判所に提出した再生計画案が認可されなかった場合、個人再生は失敗です。

債権者があなたの個人再生を認めなかった

2つ目は、借入れを行っている金融会社や消費者金融などの債権者が、あなた個人再生を反対する場合、個人再生は失敗に終わります。

債権者があなたの個人再生を反対する場合とは、個人再生を申立てた場合、債権者にも再生計画案が提出されます。
その再生計画案に債権者が異議を申立てた場合、個人再生は失敗です。

民事再生(個人再生)する場合、裁判所に申立てを行う前が重要

民事再生(個人再生)をする場合、1つの弁護士で判断するのではなく、複数の弁護士に相談をしてから個人再生を行いましょう。

弁護士の選ぶポイントは、債権者と交渉ができ、あなたの個人再生申立てで提出する再生計画案をしっかり債権者と折り合いがつける事ができるか、弁護士として信頼できるかが選ぶポイントです。

個人再生はマイホームやマイカーなどの資産を残せるだけでなく、借金を大幅に減額できる事が魅力ですが、個人再生の申立てが失敗した場合、借金が減るどころか裁判所手続き費用や弁護士費用を払うだけになってしまうので注意が必要です。

異議を申立てない債権者なんているのか疑問は残りますが、それ以上は弁護士の実力次第だと思います。
もし弁護士を使わず個人で個人再生を行った場合、あなたがどう債権者と話をまとめるかが重要となる事は間違いないです。
債権者と交渉できるのでしょうか・・・出来ないのであれば弁護士に依頼するか、他の方法を考えるしかありません。

民事再生を行う前の1つの判断材料になればと思います。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。