借金を抱え悩んでいる方であれば一度は聞いた時がる債務整理
でも債務整理と一言でいっても債務整理の中には4つの解決方法がある事を知っていましたか?

債務整理には任意整理民事再生自己破産過払い金請求の全部で4つの解決方法があり、それぞれの解決方法には特徴があり、メリットとデメリットがあります。

ここでは債務整理の中にある4つの解決方法を分かりやすく簡単に説明をします。

任意整理による解決方法

任意整理とは、弁護士や司法書士に依頼し、3~5年程度で完済できるように借金を減額してもらう解決方法です。
任意整理は、民事再生や自己破産とは異なり、裁判所などの公共機関を通さず、弁護士や司法書士があなたに変わり、あなたがお金を借りた金融機関・消費者金融などの借入先に直接交渉し、借金を減額する方法です。また、借入先からの催促が一旦止まるもポイントです。

任意整理は、制限も比較的少ないため債務整理の中では一番利用しやすい解決方法です。

それでは、任意整理の主なメリットとデメリットを簡単に説明します。

任意整理の主なメリット

・民事再生や自己破産に比べ費用が安く、早く手続きが終わる。
・借入先は取り立てや督促ができなくなる。
・裁判所に行かなくても借金問題を解決できる。
・裁判所を通さないので、広告される事はない。
・自己破産のような財産処分がない。
・資格や職業の制限がないので誰でも利用できる。

以上が、主な任意整理のメリットです。
次に任意整理のデメリットについてです。

任意整理の主なデメリット

・任意整理が終わり借金完済後、約5年ほど信用情報機関に載る。(ブラックリスト)

任意整理のデメリットは信用情報機関に載る以外のデメリットは特にありません。

民事再生による解決方法

民事再生とは裁判所に申し立てを行い、借金を20%程度と大幅に免除または100万円減額し、原則3年間で返済計画を立て借金を完済する解決方法です。
民事再生は、マイホームやマイカーなどあなたの資産を無くす事なく借金返済が出来るため自己破産に比べるとリスクは少なく、裁判所もあなたの借金問題に加わるため任意整理より手続きが面倒で、弁護士を利用する場合、任意整理より費用が掛かります。

それでは、民事再生の主なメリットとデメリットを簡単に説明します。

民事再生の主なメリット

・マイホームやマイカーを失わず、借金を大幅に減額できる。
・民事再生が始まると借入先は督促ができなくなる。また、差し押さえもできない。
・自己破産とは異なり、借金の理由を問われることなく利用ができる。
・資格や職業の制限がないので誰でも利用できる。

以上が、主な民事再生のメリットです。
任意整理と似ている部分が多々ありますが、任意整理より借金を大幅に減額できるのが民事再生の大きなメリットです。
次に民事再生のデメリットについてです。

民事再生の主なデメリット

・完済後、任意整理より長い期間、約5~7年ほど信用情報機関に載る。(ブラックリスト)
・官報に住所や氏名などが記載され公告される。
官報とは、行政機関が毎日(休日は除く)発行している新聞のようなもの。

自己破産による解決方法

自己破産とは、全ての財産を処分し、借金返済の義務を免除してもらう解決方法です。
自己破産は多重債務に陥り、自分自身でどうにもこうにも首が回らなくなった場合、裁判所から借金を免債してもらい、全ての財産等を処分する事によって、借金返済の義務を免除してもらう事ができますが、裁判所の手続きも厳しく、多くのデメリットを伴います。

それでは、自己破産の主なメリットとデメリットを簡単に説明します。

自己破産の主なメリット

・借金返済の義務が免除される。
・自己破産の手続きが開始すると、借入先は督促や取立てができなくなる。
・強制執行される危険がなくなる。
・利用条件をクリアすれば誰でも利用できる。
・民事再生より費用の面は少ない場合がある。

以上が、主な自己破産のメリットです。
メリットだけみると、借金返済免除などがあるので、魅力的に感じるかもしれませんが、デメリットが多い事も忘れてはいけません。
では自己破産のデメリットについてです。

自己破産の主なデメリット

・信用情報機関に「自己破産」の記録が5年~10年載り、借入ができなくなる。(ブラックリスト)
・家や車など20万円以上の財産は処分される。
・資格や職業の制限がある。
・裁判所への申立後は一定期間長期間の旅行や引っ越しが制限される。
・官報に「破産・再生」の欄に住所や氏名などが記載され公告される。
・ギャンブルやスマホゲームの課金など借金の理由によっては免除してもらえない場合がある。

過払い金請求による解決方法

過払い金請求とは、金融機関や消費者金融などの借入先に、あなたが支払い過ぎている利息を取り戻す解決方法です。
過払い金請求は、2010年以前に借金をしている方の場合、借入先が法律で定めていた利息以上に利息を取っている場合がありました。しかし2010年以降には法が改正され利息が多く取れる事はなくなりました。(悪徳業者などは、まだまだ多くの利息を取っている場合があります)
そのため過払い請求は、長期間、借金返済を行っている方のための解決方法といえます。

それでは、過払い金請求の主なメリットとデメリットを簡単に説明します。

過払い金請求の主なメリット

・多く支払っていた利息が、現金で返金される。
・過払い金請求をして完済した場合、信用情報機関に借金情報の記録が載らない。

以上が、主な過払い金請求のメリットです。
過払い金請求した事で、ケースによっては現金が返金されたり、ブラックリストの記録が消えたりとメリットが大きそうですね。
では過払い金請求のデメリットも確認しましょう。

過払い金請求の主なデメリット

・2010年以前に借金している方でないと、過払い金請求の利用はできない場合が多い。
・金利が15%~20%以上でないと、過払い金請求できない場合が多い。
・過払い金請求をかけた借入先には二度とお金を借りることができない。
・過払い金請求をして完済しなかった場合、残った借金は任意整理処理となり、信用情報機関に記録が載る(ブラックリスト)
・弁護士や司法書士に支払する金額が意外と高い。

債務整理のメリットやデメリットを理解してから利用しよう

債務整理の解決方法である、任意整理・民事再生・自己破産・過払い金請求の4つの種類のメリットとデメリットを確認しましたが、いかがでしょうか。

あなたの借金返済は債務整理を利用するべきでしたか。

借金返済に追われていると、
「お金返さないと・・・お金かえさないと・・・・」
という不安ば気持ちがどんどん大きなストレスとなってどうしても早く解決したいという気持ちが強くなってしまいますよね。

借金返済は常々不安とストレスが付きまとってきます。
債務整理する事で借金返済のストレスから解放されたり軽減される事は大きなメリットかもしれません。

でも債務整理をする前に、一度立ち止まって債務整理した場合のメリットやデメリットを確認した後に、任意整理・民事再生・自己破産・過払い金請求の手続きをした方が失敗や後悔がないと私は考えています。

債務整理の任意整理・民事再生・自己破産・過払い金請求の4つの解決方法をしっかり理解した上で債務整理の手続きをするか手続しないかを判断するようにしましょう。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。