弁護士の話し合った結果、債務整理の中の1つ個人再生を行う事になった場合、すぐに手続きするのではなく損をしないためにも個人再生手続きを行う前に行うべき事があります。

個人再生手続き前に「預金口座の変更または引落し」

個人再生の手続きが開始すると弁護士がもろもろの手続きを行ってくれるため、あとは一安心と思いがちですが、個人再生手続きを行うと、まず始めに弁護士は借入先に「受任通知」を送ります

受任通知が送られると借入先からの借金返済の請求が届かなくなるため、一時的にストレスがなくなりホッとするかもしれません。

しかし借入先が銀行系のカードローンだった場合受任通知が届くとあなたの口座を凍結し、現金等を引き出せないようにします

借入先はあなたから少しでも多くお金を回収しようと考えています。

借入先が銀行だった場合、現金を引き出し口座を0円にするか凍結されない口座に変更する事を個人再生手続きを行う前にしておきましょう。

また給料の支払先が借金をしている銀行になっている場合も給料を引き落とせなくなってしまうので、予め給料の振込先も変更する必要があります。

個人再生手続き前に「車やバイクの名義を変更」

預金口座の変更の他に財産処分を防ぐため車やバイクの名義を友人などの名義に変更する必要があります。

個人再生は財産や資産を個人の判断で残せるから名義変更は必要ではないと思いがちですが、個人再生には清算価値保障原則というのがあり、最低でも財産・資産価値以上の金額を弁済しなければならないと決まっています。

そのため財産・資産価値以上の金額を弁済出来ない場合、手放したくなくても手放さないといけない場合があるため、必要な車やバイクの名義を変更して置く事で資産の回収をされずに済みます

個人再生手続きする場合は資産となるものは、なるべく名義を変更し借入先の弁済に使われないようにする事をおすすめします。

個人再生手続きを開始すると財産や資産が監視されている

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

個人再生の手続きをする前に、必ずあなたは預貯金を全額引き下ろし、口座を変更し、必要な車やバイクなどの資産があった場合は名義を変更しましょう。

少し邪道な手段ですが、今後の生活を考えた場合、生きていくために必要な手段です。

個人再生手続きを開始すると、その時点であなたの預貯金や財産は全て監視されていると考えておくと良いです。

借金返済を早く終わらしたい気持ちが先走って冷静な判断が出来ない場合もあるかもしれませんが、一度気持ちを落ち着かせ資産や財産を残す事を行ってから個人再生手続きを行うようにしてください。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。