債務整理には任意整理、個人再生、自己破産の3種類あり、その中でも一番お手軽な借金返済方法と知られているのが任意整理です。

ただ任意整理も誰でも必ず行う事ができる訳ではありません
あなたの様々な状況により、任意整理できないケースもあります

今回は任意整理できない場合について説明をします。

一番お手軽な借金返済方法「任意整理」ができないケース

任意整理を行うにあたって、弁護士は借金の借入額、借金返済状況、借金返済の支払い能力などを確認し任意整理が行えるかどうかを判断します。

これから説明する条件に満たしていない場合、任意整理はできませんし、弁護士に相談するにしても任意整理という借金返済方法を除外して考えなければいけません。

返済状況が劣悪

任意整理は3~5年以内に借金を完済する方法です。
あなたの年収が3~5年以内に借金を支払う能力があれば条件を満たしそうですが、借金を1度も返済していなかったり、延滞を何度も行っていたりと借金返済状況が悪い方はNGです。

安定した収入がない

あなたが無職で無収入の場合、任意整理を行う事はできません。
ただアルバイトでも安定した収入が見込めれば任意整理は可能です。
その場合は借入額と期間内支払う返済額が支払えるかを確認する事になります。

3~5年で完済できない

任意整理の条件は原則3年、長くて5年以内に元金を完済できる能力があると認められなければ任意整理を行う事ができません
例えば借金が200万円あり、毎月の返済が3万円だった場合、3年だと108万円、5年だと180万円です。
3年でも5年でもあなたが借りている借金200万円の完済ができないため、任意整理を行う事はできません。
もちろん毎月の返済額を4万、5万円としていけば条件を満たす事ができますが、完済まで無理して設定した金額を毎月支払わないといけません。
理想的な設定を行えば期間内に返済は可能かもしれませんが、現実的に考えないとあとあと苦労します
借金返済できるか弁護士に相談する前に考えておいた方が良いでしょう。

連絡がなかなか取れない

弁護士や司法書士に任意整理を相談するとあなたの返済状況などを確認したり、弁護士との連絡のやりとりが増えます。
その連絡のやりとりがスムーズにいかなかったり、弁護士から連絡があるにも関わらず連絡をしなかったりと連絡が取れない場合も任意整理ができない場合があります
弁護士から断りの連絡がある場合があるからです。

借入先が任意整理に応じないケースも存在する


あなたが上記の条件を満たしていても借入先よっては任意整理に応じない借入業者も存在します。
そのため借入先が任意整理に応じる業者かどうかも重要です。

任意整理は個人再生や自己破産と異なり、裁判所が関わりませんので法的な効力がありません

任意整理は弁護士、借入先、あなたの3人もしくは借入先とあなたの当事者間の交渉です。
法的な拘束力がないため借入先によって対応は異なり任意整理に一切応じない場合もあります。

その場合、任意整理が出来る条件があったとしても借入先が任意整理に応じないため任意整理できないとなる事もあります。

弁護士に相談する前に条件や最悪な場合を確認し任意整理するかを判断


任意整理を考えている方は自分の状況が任意整理できる状態にあるか考える必要がありますし、借入先が任意整理に応じてくれる会社なのかも調べる必要があります

また弁護士によっても得意・不得意がありますし、賃金業者の中には特定の弁護士事務所や司法書士事務所からの任意整理が応じない場合もありますので、その点も含めて弁護士や司法書士に相談した場合、確認する必要がありそうです。

任意整理を行うとしても、弁護士に相談する前に個人の状況や借入先がどんな会社か弁護士は任意整理などの債務整理に強い事務所なのか相談する前に判断してく点がいくつかある事が分かったと思います。

また交渉力に自信がある方や任意整理などの手続きが苦でなければ、任意整理は弁護士に頼らず個人で行う事もできます。

任意整理はできそうですか。

債務整理の中で一番簡単だと言われる任意整理を行うとしても様々な判断をしてから任意整理を行うようにしてください。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。