長い間、借金返済をしていると病気になったり、失業したり、給料が減ったりと借金を返済する上でマイナスな事が起こる場合があります。

そのマイナスな出来事は、突然やってきます
ギリギリで生活していて貯金がなく、借金返済が滞り、借金を滞納・延滞してしまったという方は少なからずいます

現在借金を返済している方の中にも今は貯金もあり失業する恐れもないので問題ないと考えている方も多くいると思いますが、借金を抱えている方は誰でも起こり得る事です。

もちろん事前に分かっていれば借入先に連絡し、対策ができるかもしれません。
しかし突然の出来事だとそうも言ってられません。

借金を滞納・延滞するデメリットは、お金を借りようと思っても借りられなくなったり、クレジットカードの契約ができなかったり、住宅ローンや車のローンが組めなくなるなどが主なデメリットです。

今回は借金返済に行き詰ってしまい滞納・延滞してしまいそうになった際の対策について説明をします。

一時的リボ払い(リボルビング払い)を使用する

今ある借金を他の金融機関からお金を借りて借金返済を考えている方や失業して給料がなくなり貯金を切り崩してそろそろ首が回らなくなるかもしれない方など、新しい借入先からお金を借りて多重債務者になるより一時的にリボ払い(リボルビング払い)を使い今の危険な状態を回避した方が良いです。

カードローンを利用している場合、大概リボ払いでの返済方法を選ぶことが可能だと思います。
なぜならリボ払いは金融機関や消費者金融にとって利益が大きいからです。

リボ払いについて簡単説明

支払金額が定額月々の支払金額が低いリボ払いは、支払いに行き詰りそうな場合は一時的に利用する事は有効な手段だと私は思います。

リボ払いを利用する事で月々の返済額は減るため返済へのストレスが軽減され、延滞や遅延などをせずに借金返済が可能になるはずです。

長期化しないように注意!!

しかしリボ払いにはデメリットもあるため注意が必要です。

支払いが行き詰まり返済方法をリボ払いに変更したとしても一時的に利用する事は問題ありませんが、リボ払いを絶対に長期化してはいけません

リボ払いは金利が高いですが月々の返済金額は低く返済期間が長いため、借金の感覚が徐々になくなり借金に対する感覚が麻痺しがちです。
また、リボ払いは残高スライド式などがあり借金が長期化するような仕組みです。

借金返済のためにリボ払いにしたとしても一時的な利用だという事を忘れてはいけません。
月々の支払金額の低さに甘えたりすると借金地獄から抜け出す事はできません

必ずリボ払いにした事を忘れないようにし、病気が治ったり、職が決まり安定的に収入が入る事が決まったら支払金額が辛くても、すぐに支払方法を変更しましょう。

色々ある手段の一つと考えてください

今回紹介した返済方法は今ある借金をリボ払いに変更して返済金額を軽減させて滞納・延滞しない方法です。
しかし、突然の出来事により借金の返済が厳しくなった場合に取る借金返済方法と考えてください。

借金の金利を軽減させたり返済金額を減らすなどを事前に考える場合は任意整理などを行ったり親や友人に相談できるのであれば、相談し借金返済した方が良いと私は思います。

借金を一時的にリボ払いに変更する事はとても良い方法とは言えません
金利も上がりますし、金額の低さに甘えると借金の沼から抜け出せなくなってしまう可能性もあります

ただ一時的と考えれば延滞、遅延のリスクを回避できるため、場合により有効な手段となります。

借金返済方法はケースバイケースです。

あくまで借金対策の1つとして頭に入れていただければと思います。

 

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。