借金返済を延滞するとリスクが高いと聞いた時はありませんか?
借金返済が厳しい人ほど、危険な理由を耳にした事があるかもしれません。
ただ延滞・遅延した場合、どういったリスクがあるか知っている人は少ないと思います。
この機会に延滞や遅延した場合どういったリスクがあるのか覚えていきましょう。

借金の返済を延滞した時のリスク

リスク1:遅延損害金が発生!

借金返済が1日遅延したとしても、遅延損害金が発生します。
車やDVDなどのレンタルと同じで、期日を守らなかった人に与える罰則金と同じですね。

リスク2:個人信用情報に延滞情報が登録される!

個人信用情報の記載とは、いわゆるブラックリストに登録されるという事です。
各カードローン会社に延滞が記録され、各種ローンの審査通りにくくなったり、ローンの追加融資が受けられなくなったりします。

リスク3:放置しすぎると一括請求される!

借入先の督促状や電話を無視しすぎると、一括請求をされます。
督促状や電話が怖いからといって、無視はしないようにしましょう。
自分の首を自ら絞める事になります。

リスク4:裁判所に申し立てを起こされ、法的処置される!

借入先裁判所に申し立てをします。
最悪、会社などに連絡がいったり、財産を差し押さえたりします。

リスク5:督促による精神負担

まず始めに借入先が行うことは、あなたに督促状を送ったり電話連絡をします。
精神的負担は、人それぞれ異なりますが、督促状や電話が届く事で普段よりは少なからずストレスを感じると思います。

どうでしょうか?
借金を延滞した時のリスクはかなり大きいですよね!!

借金返済を遅延してしまいそう・・・遅延してしまった場合の対処方法


借金の延滞・遅延が、いかに危険でリスクが高いという事が分かったと思います。
そうは言っても今月は返済できそうにないという場合があると思います。
その場合、どうすればいいのか・・・・気になりますよね。
それはまず始めに借入先に事情を説明する事です。
「えっ・・・」となるかもしれませんが、それが最善の道でありあなたにとってリスクが少ない方法です。

ただ借入先に連絡をするとしても、借金の遅延する前と遅延した後では対処方法が異なります。
それぞれの対処方法を説明をしたいと思います。

借金返済を遅延する前に連絡を行った場合

■ 生活を見直し最低返済額分を伝え、用意する
■ 確実に返済できる返済日を伝える
■ 借入限度額に余裕がある場合、追加融資を受けて一時返済を行う

借金返済を遅延してしまった場合

■ 遅延してしまった理由を伝える
■ 返済可能日を伝える
■ 遅延損害金支払いの意思表示をする

分かりましたか。

借金返済を遅延した場合、無視や放置は絶対にNGです!!
返済期日に返済できなかったとしても、後ろめたさから各借入先からの連絡を無視したり、放置し続けたりすることは絶対に止めてください。
無視する期間が長ければ長いほど、借金は雪だるま式にふくれあがっていき、他社からもお金を借りることが難しくなってしまいます。

たとえ遅延を起こしてしまった場合でも、まずは借入先にしっかりと相談する事

遅延する前でも遅延してしまった後でも、一度借入先に相談する事で延滞のリスクが避けられる場合があります。
早めに相談する事で、返済日を翌月にまとめて支払うように変更できたり、色々と対応していただける事があるため、まずは借入先に連絡をして下さい。
借入先に相談しても、特に怒られる事もなく親切に相談にのってくれる事が大半です。
相談した際、借入先から事情を色々と聞かれると思いますし、遅延前と遅延後で聞かれる内容も異なります。
ただ上記で説明した内容が聞かれる事が大半ですので、どうしても遅延してしまいそうな場合は、借入先にしっかりと応えられるよう事前に準備しておきましょう。

借入先からの連絡を無視や放置をするのではなく、事情を説明する事を忘れないようにしてください。

では、さよなら借金生活!!

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。