借金返済が大変・辛い、借金返済がいつ終わるか悩んだいる人は多くいると思います。そんな借金返済にも、借金が消滅する時効制度がある事をご存知でしたか?

借金も一定期間放置する事ができれば、借金は消滅し、借入先は、あなたから借金をもう取り立てる事ができなくなります。
この借金返済を一定期間放置する事で、借金が消滅する制度の事を、消滅制度と言います。
何百万、何千万の借金があろうが、一定期間放っておく事で、時効が適用され、借金が消滅します。

借金の消滅時効までの時間は5年

では、借金の消滅時効が完了する年数はいつなのか・・・?
気になりますよね。

金融機関や消費者金融から借りたお金5年で時効を迎え借金が消滅します。
また、家族や友人など業者ではなく個人に借りた場合10年で時効を迎え借金が消滅します。
時効を迎えた借金は、支払う義務はなくなるので、取立てが来たとしても「その借金は時効を迎え消滅している」と言ってしまえば、それで終わります。
凄いですよね。
私たち借金をしている人から見たら、謝金消滅時効は嬉しい制度ですけど、借金にも時効制度があるのは素直に驚きです。

借金の時効を迎えるのは非常に難しい

ただ借金の時効を迎えるためには、5年間、借金の請求を無視し取り立て等にも一切応じない事が条件です。

借金の請求に応じて一部でも返済をすると、その時点で借金返済する事を認めた事になり、借金消滅までの経過日数は「0」にもどります

また、支払いをしていなくても、「借金を返済していなくて、すいません。支払うのでもう少し待ってください」など支払い猶予を申し出たり、「その借金は私のです。支払います」と借金の承認をしたりと口頭で話したとしても借金消滅の時効は中断をします。

これだけ話を聞くと個人の借金はまだしも、業者からの借金返済を逃れるのは難しそうですよね。
それこそ夜逃げぐらいしかなさそうですね。

ただ夜逃げもそれなりのリスクを伴いますので、私はおすすめしません。

【借金返済】夜逃げは絶対にやめよう!夜逃げの大きなリスクとは

借金時効を行うために、5年間もの歳月を様々な事から逃げ、全ての連絡を遮断するのは容易ではないと思います。
それでも「挑戦したい!」と感じた方は、借金時効を迎えられなかった時のリスクを考えてやって下さい。

借金時効の期限を迎えたとしても、時効が成立する訳ではありません

時効と聞くと、ある一定期間を逃げ切れば成立するイメージがありませんか?
私も時効の事を詳しく知るまでは、5年間逃げ切れば成立するものだと思っていました。

しかし、借金の消滅は、待っているだけでは成立しません
消滅時効の援用」という手続きを行い、しっかり時効を迎えた事を主張しなければ、借金の時効は成立しません。
援用とは、時効の利益を受けるという事を相手に伝えることを言います。

借金消滅時効を迎えるためには、
時効期限を過ぎる
時効の援用を手続きする
この2つの条件が絶対に必要になります。

借金返済の時効を迎えていたとしても、時効の援用をしなければ、何年経っても借金が消えない事を覚えていてください。

何度もいいますが、借金消滅まで耐え忍ぶ生活は、私はおすすめしません。
今は辛いかもしれませんが、頑張って完済した方が、今後の生活が生きやすいです。

では、さよなら借金生活!!

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。