以前の記事に最低返済額で借金を返済している方は損をしていると書きました。

最低返済額で借金を毎月返済していると損!!

過去の記事では最低返済額についてや最低返済額で借金を返済するより最低返済額に1000円プラスして返済する事で返済期間を大きく短縮できるためお得だと書いています。

それ以外にも最低返済額には大きなリスクがあるため、毎月最低返済額を利用して借金返済している方は注意をしてください。

最低返済額の大きなリスク「勘違い」

最低返済額の大きなリスクとは、最低返済額で借金を返済していると、しっかりと借金返済している気分に陥りがちです。

「借金は返済しているよね???」と疑問に思った方も多いのではないでしょうか。

もちろん最低返済額でも借金返済はしています
しかし最低返済額だと元本はほとんど減っていません

この元本がほとんど減っていないのに借金返済ができている勘違いしていると危険です。
借金は元本がなくならない限り借金完済する事はありません

なので借金を毎月最低返済額で返済しているのにも関わらずしっかり返済していて余裕があると勘違いしている方は今ある借金より多くの借金を抱えるリスクがあるため最低返済額で借金を返済している方でしっかり借金返済できていると勘違いしていると借金返済ができない危険性があります。

最低返済額で借金を返済している方は生活がギリギリで節約等を考え、借金を返済しないと危険だと考えた方が良いです。

最低返済額の支払いにはメリットもあり、急遽支払いが困難になってしまった方や収入の浮き沈みが激しい方にとって遅延や延滞にならないように借金を返済できるため重要な返済方法ですが、最低返済額に甘えすぎると大きなリスクになる事を忘れないようにしましょう。

最低返済額の大きなリスク「長期化」

もしあなたがプロミスから10万円を借りて毎月最低返済額で借金を返済した場合と毎月1万円ずつ借金返済した場合、どのぐらいで借金がなくなるのか比べてみましょう。

借入金 返済金額 返済回数
10万円 4,000円 32回
10万円 10,000円 11回

10万円を毎月1万円ずつ返済していると11ヶ月終わりますが、最低返済額で返済していると2年8ヶ月掛かります。

借金返済が長期化してくると借金返済への抵抗感がなくなったり、借金している事が当たり前になってくるため、借金癖がつきやすく危険です。

最低返済額で返済して借金返済が大変ではないと感じた方は徐々にお金が困ったら借金をすればいいかという感覚になり、10万円、20万円、30万円と拡大していき、最終的には100万円、200万円という大きな借金へと膨らむ可能性があります。

借入額が大きくなるという事は最低返済額も徐々に大きくなっていきます
借入額が10万円だった場合、最低返済額は4000円ですが借入額30万円となると最低返済額は11000円と大きくなります。
(※プロミスの場合)

そうなると今までは最低返済額以上の返済ができたにも関わらず、借入額が上がった事により最低返済額しか返済できなくなり、ほぼ利息のみ払う事になっていき借金返済がより長期化していきます。

借金癖がつかないように注意!


借金返済の最低返済額にはほぼ利息しか払っていないのに借金をしっかり返済できているという勘違い借金返済が長期化しやすく抵抗感や危機感がなくなる大きなリスクがある事を忘れてはいけません。

この二つが重なったりすると借金癖がついて借金から逃れられない場合もあります。

あなたの現在の借金返済状況はいかがでしょうか?
毎月最低返済額で借金を返済していませんか。

借入額に見合った借金を返済していないと借入先にほぼ利息しか返済していないかもしれません。

借金返済状況をこの機会に見つめ直して、相談が必要な場合は相談をするようにしましょう。

借金返済が早く解決するかもしれません。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。