「毎月定額だから安心」「少ない返済額で利用できる」
やたらとリボ払いを進めてくる、クレジットカードのCMをよく見ると思います。「今からでもリボ払いに変更しませんか」こんなメールもよくきます。

カード会社にとって、リボ払いはよっぽど儲かるんでしょうね。

カードローンの返済は、リボ払い。

実は、カードローンの返済方法もリボ払いです。
正しくは、残高スライド元利定額リボルビングといいます。
長くて小難しい名前ですが、「定額リボルビング」「元利」「残高スライド」という3つのパーツからできています。

それでは、カードローン返済の「残高スライド元利定額リボルビング方式」をパーツごとに、簡単に説明したいと思います。

元利

毎月の返済額に、利息分が含まれるという方式です。
【10万円借入(年利18%)毎月1万円返済】だとすると、
初回の返済では、1万円の内:8,500円が元金、1,500円が利息に充てられます。全てが元金に充てられるわけではないんです。
元金の減りが遅いので、利息と支払総額が多くなりがちです。

定額リボルビング

毎月の返済額を、同じにする方式です。よくリボ払いと略されますね。
例えば、今月は2万円借り、来月は3万円借りたとします。それでも今月も来月も返済は、同じ金額になります。※「残高スライド」によって金額が変わる場合があります。残高スライドの項目参照。
返済額が一定なので、毎月の返済にゆとりがありますが、利息と支払総額がとんでもないことになる可能性があります。

利息ばかり払い続けて元金が減らない?多重債務、自転車操業にならない為にどうするか。

残高スライド

借入の残高によって、月々の返済額がスライド(変更)する方式です。
定額リボルビングの項目で、毎月の返済額は同じになると説明しましたが、借入が増えてきたら、リボ払いの定額はアップ(スライド)します。
レイクを例に見てみましょう。(年利18%の場合)

残高 毎月の最低返済額
 ~10万円  3,000円
 ~20万円  5,000円
 ~30万円  7,000円
 ~40万円  9,000円
 ~50万円  12,000円

借入残高が10万円以下なら、毎月の最低返済額は、3,000円で固定です。
借入残高が15万円になると、毎月の最低返済額は、スライドして5,000円に固定されます。

残高スライド元利定額リボルビング、まとめ。

カードローン返済の、残高スライド元利定額リボルビングについてなんとなく理解できたでしょうか。
ものすごく簡単に言うと、
残高スライド元利定額リボルビングとは、借入残高によって毎月の返済額が固定され、その返済額に利息が含まれている方式です。

カードローンの会社によって表記の仕方が、微妙に違っていたりしますが、アイフルでもプロミスでもレイクでもほとんど同じ、残高スライド元利定額リボルビング方式です。アコムは定率リボなので、返済額が残高の何%になるかだけの違いです。

このようにカードローンの返済は、高い利息と借金地獄、自転車操業に陥りやすい要素が多いと思います。
なんとなくではなく、強い気持ちを持たなければ借金返済には勝てません!

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。