ATMやクレジットカードなどが普及した事で殆どの方が手軽にお金を借り借金するようになっていると思います。

お金を手軽に借りられるようになった事で、欲しい物があったら誰もが簡単に借金をして欲しい物を買えるようになりました。

借金が手軽になった事で借金に対して抵抗があった方も、一度借金をしてしまうと、その抵抗が急激に下がっているように感じます

そのため2、3度、消費者金融から借金をしている方は「お金に困ったらお金を借りればいいか」と軽い気持ちでお金を借りているように思います

借金が手軽になった事で、借金のボーダーラインは借りる毎に下がっているのではないでしょうか。

借金する場合のボーダーラインを変える

借金に対するボーダーライン借金を誰かに相談せずとも借りられる事一度消費者金融から借金をするとその手軽さを知り、ボーダーラインが徐々に下がっていると私は感じます。

借金が徐々に増えている方や借金が減らない方は、借金に対するボーダーラインが下がっていると考えられますし、借金に対する感覚が麻痺しつつあるとも言えます。

放っておくと借金返済ができず債務整理等を考えなくてはいけなくなる危険性もあるので十分に注意をしましょう。

徐々に下がってしまった借金に対するボーダーラインを戻すため何を考えれば良いのか

それは家族や友人、親戚などにお金を借りる事を想定し、借金をする理由を話した場合、お金を貸してくれるかどうかです。
家族や友人に相談してお金を貸してくれるのであれば、その借金はしても良いと思います。
もし相談しても家族や友人がお金を貸してくれないのであれば、その借金をしてはいけません。

なぜ借金をする前のボーダーラインとして家族や友人、親戚等を想像するのか。
それは家族や友人に借金の理由を話したとして、お金を貸してくれるのであれば借金返済に苦しんでいる場合、手助けしてくれる事もあると思いますが、お金を借りる理由を話してもお金を借りられない場合は家族や友人の縁が切れる理由でもあると思うからです。

縁が切れる事を想像する事で借金する事を踏み止まる抑止力にもなると私は考えています。

消費者金融がなかった時は家族や友人に恥を忍んでお金を借りるしかありませんでした。
現在ではアイドルのグッズや大好きな歌手のライブ、友人と行く旅行など、自分がどうしても欲しい物や行きたい場所がある場合、自分の欲求を満たすために手軽に借金をする事ができます

借金のボーダーラインを家族や友人、親戚に相談する事を想像する事で、少しは借金をする前に立ち止まるようになると私は思います。

一般的な借金する際のボーダーライン

家族などに相談をしてお金を借りるボーダーラインは各家庭や友達によって異なるため、一概にこの理由がボーダーラインになるというのは分かりませんが、私が考える友人に相談された場合、お金を貸すかもしれない場合と貸さない場合を書いておきます。

お金を貸すかもしれないボーダーライン

・子供が病気でどうしても入院費用がまかなえない
・事故にあってしまい仕事が一時的にできなくなってしまった

お金を貸さないボーダーライン

・アイドルの限定グッズが欲しい
・ゲーム内にどうしても欲しいアイテムがありガチャをまわしたい
・大事な友人の結婚式のご祝儀などの費用
・友人に誘われた海外旅行の費用

借金をしなければいけないと考えた時の参考にしてください。

欲求を満たす前に立ち止まるようにしましょう


借金をする場合一度立ち止まり、借金をするべきかしないべきか考えるようにしてください

借金をして得るべき欲望が今借金をしてまで必要な物なものなのか、考え踏み止まる事で今後始まるかもしれない借金生活を逃れる事ができるかもしれません。

すぐにお金を返せると考えていても意外と借金がなくならない人達を多く見てきました

それぐらい借金返済は難しいものです。

今借金がある方も今後借金をするかもしれない方も十分に注意をしてください。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。