節約しようと頑張ったが途中で挫折したり、全く節約できなくて自分には節約ができないと諦めてしまった方は多くいるはずです。

節約が途中で挫折している方の中には物事に対して「これだけは譲れない」といった「こだわり」が強いと節約にとって邪魔になるため注意が必要です。

節約を邪魔するこだわりとは

節約できない方の中には、1つ1つの節約方法に対して「これはしたくない」「これはできない」「自分の性格にあっていない」「これだけは譲れない」自分のこだわりのように節約方法を拒否していませんか。

ネットや本などには誰かの成功体験として様々な節約方法が載っています。

その節約方法は一度誰かが成功している事なので、成功体験を愚直に行えば節約はできます

どういったこだわりがあると節約ができないのか。
下記に例を書きました。

・タバコやお酒を止める事ができない
・買い物をすると余分な物を買ってしまう
・スマホで動画を見てしまい通信費が節約できない
・毎シーズン、ファッショントレンドを追いかけ服を買わないと気が済まない
・好きなゲームがありそのゲームに推しキャラがいて課金がやめられない
・コンビニで飲み物を買うのを止め水筒を持って行くなどが手間できない

他にも色々とありますが、上記の例のような「これだけは譲れない」という「こだわり」がある方は、こだわりが節約を邪魔している場合があります

時にはこだわりを捨てる事も大切


借金返済が完了するまで時には自分のこだわりを捨て節約等に力を注ぐことも大切だと私は思います。

決してこだわりを金輪際なくすという話ではなく、あくまで借金返済が終わるまでです。
節約なしにして借金返済できなければ、何かを犠牲にし借金完済を目指さないといけない時もあります。

借金状況によっては借金が膨れ上がっている方もいると思います。

背に腹はかえられないですよね。

こだわりを一時的に捨てるか借金が膨れ上がっていくか・・・2つに1つです。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。