借金返済の近道。目指せ借金完済。

このブログの管理人について

こんにちは、チバタケル.com管理人のチバタケルです。
都内の会社で、グラフィックデザイナーをしています。

今でこそ人並みの生活をしている私ですが、過去には数百万円の借金があったりと、20代はお金の事で苦労してきました。。
過去の自分の経験を元に、情報発信できたらなと思いこのブログをはじめました。

プロフィール

1983年6月生まれのふたご座。静岡県西部生まれ。
小学校ではソフトボール、中学では弓道部に所属し、勉強よりも運動が得意な子供でした。
高校で出会った友達の影響から、音楽に目覚めましたが、いつしか興味は好きなアーティストのCDジャケットに!
デザインの勉強がしたくて、大学ではグラフィックデザインを学びました。

ここではじめて、奨学金という名の借金を背負います。
金利が安い奨学金返済ですが、後にできる借金も返済しているときは結構大変でした。

大学卒業後、小さなデザイン会社に就職しましたが、手取り15万で奨学金を返しながらの生活は、きつかったですねー。

この頃です。リボの魅力を知ってしまうのは・・・
ぎりぎりの生活で、ストレスが溜まっていたのでしょうか。
欲しいものをリボ払いで買う。→毎月の支払いがきつくなる。→生活費のためにキャッシングする。→以下ループで自転車操業状態!!

さすがにリボ払いには懲りて、使わないようにしていましたが、毎月の返済がきつかったですねー。金利が高すぎてなかなか減らない時もありました。
気持ちも沈んで、精神的にも参ってしまいました。

転機

新卒で勤めたデザイン会社を辞め、別の会社に転職しました。
デザイナーとして成長させてもらえたし、いい会社だったのですが給料の低さが・・・
借金を返済する身としては切実な問題です。

転職先の会社では、給料も多少良くなりました。
しかしまだ200万円以上の借金が残っていました。
この頃から「本気で返済に取り組もう!」という気持ちが大きくなっていき、一本化やおまとめローンを考え始めました。

しかしここで、私の借金生活にも転機が訪れました。
きっかけは仲良くなった同僚でした。家族にも、自分の借金の事は話したことがなかったのですが、ふとしたことでこの同僚に借金の話をしました。
このなんでもない偶然が、私の人生を変えることになります。
世の中にうまい話はないといいます。でも人との出会いで、苦しくて暗い日々から解放される!そんなことがあるのです。

以前の私のように、借金で苦労している人がたくさんいると思います。
少しでもそういう人の手助けになれればと思っています。
そんな気持ちで、このブログを続けていこうと思います。