2017年の流行語大賞が発表され、今年も残りわずかですね。

流行語に選ばれなかったですが、誰もが一度は耳にした事があるビットコイン(仮想通貨)
一部ではビットコイン(仮想通貨)が2017年の流行語に選出されてもおかしくない年だったと言われています。

今年は仮想通貨バブルと言われるぐらいビットコイン以外にも仮想通貨と言われる通貨の値段が高騰したからです。

ビットコインの単位1BTCと表記されます。
2017年1月初め1BTCを日本円にすると約10万円ほどでしたが、2017年12月になると1BTCが約170万円まで高騰しました。
約17倍ほど値上がりしています。
仮想通貨バブルと言われるのも分かるほどの値上がりですね。
この仮想通貨の高騰により、2017年は何人もの億万長者が出たと言われています。

有名な芸能人を見るとホリエモンこと堀江貴文氏、ロンドンブーツの田村敦氏や平成ノブシコブシ吉村さんなどはビットコインを保有していたので今も保有していたらかなりの儲けを出していますね。
ビットコイン事件の前から買っていたそうなので、売っていたら損しかしていませんが、きっと手元に残していたと思います。

最近の話だと2017年12月3日に放送されていたお笑い番組「M-1グランプリ」。
そのM-1グランプリで優勝したとろサーモンの久保田氏もM-1グランプリの優勝賞金1000万円でビットコインを買うと本気か冗談か分かりませんが話していました。

ネタとして使うぐらいなのでビットコインというワードはビッグワードになっていると私は思います。

芸能人の中には話題に出さないですけど、ビットコインを保有している方は多いかもしれません。

ビットコインとは

ビットコインの認知度は9割弱の方が知っていて誰もが知っているワードですが、実際にビットコインを購入し利用している割合は1割を満たしていません
そもそもビットコインとは何なのか名前は知っているけど、よく分からないという方は多いと思います。

ビットコインとは約1000以上ある仮想通貨の1つです。

では仮想通貨とは何なのか。

仮想通貨とは暗号通貨とも呼ばれていて、インターネット上で取引される通貨の事です。

世の中で言われいるビットコインなどの仮想通貨と少し異なりますが、LINEコインも仮想通貨の1つです。
LINEコインはLINE上のサービスで使えます
スタンプ、ゲームの課金、マンガ、音楽、占いなどで使えます。
もちろん現金化する事も可能です。

しかし仮想通貨といってもビットコインなどの仮想通貨とLINEコインなどの仮想通貨には大きな違いがあります。

それはLINEコインはいつでも安定したお金を供給しますが、話題となっているビットコインなどの仮想通貨はお金の供給にバラつきがあります
コインの価値がある場合もあれば、コインの価値がなくなる場合もあります。

例えば1LINEコインを100円で買ったとしましょう。
1LINEコインは100円のままLINEコインの価値は変わりません
次に1ビットコインを100円で買った場合、1ビットコインは200円と高騰したり、50円と暴落する場合もあります

インターネット上で使えるお金という定義は変わりません。
ECショップで物を買ったり、ゲーム内で課金したりと購入するお店は限られますが、インターネット上で使えるお金という点では同じです。

でもLINEコインはビットコインと違い通貨の値上がりはありません。

仮想通貨だとしても価格変動する通貨と価格変動しない通貨がある事を覚えておきましょう。

ビットコインの利用できる店舗

ビットコインの一番の魅力は高騰していて億万長者になれるかもしれないという事です。

その他の魅力は日本でも利用できる店が拡大している事だと思います。
日本でもビットコインが利用できるお店は実店舗とECショップなどの通信販売の店舗を合わせる約5000店舗以上で利用可能です。

2~3年前はビットコインという名前を知っていたとしても、巷で使える店は殆どありませんでしたが、今ではメジャーなお店でもビットコインが利用可能です。

メジャーなブランドだと、DMM.com、ビックカメラ、メガネスーパー、H.I.S(東京都内)で利用可能です。
その他にもカフェや焼き肉店などの様々な飲食店、美容、マッサージ、医療、教育、法律事務所、賃貸やダンススクールなどビットコインで生活しようと思えば生活できそうなぐらい利用店舗数が拡大しています

また、丸井グループ、大手コンビニ、ANAなどもビットコイン決算を導入しようと検討しています。
検討段階なので導入するかは不透明ですが、上記の企業がビットコインを導入したら、世の中にビットコインがより広まるかもしれませんね。

ビットコインの次の通貨として詐欺が横行している

ビットコインには明るい話題も多くありますが、暗い話題も数多くあります

仮想通貨による被害相談件数は2014年は194件、2015年は440件、2016年は634件と年々増加しているそうです。

仮想通貨詐欺する人にとって便利なツールとなっています。
まず仮想通貨詐欺が横行するのは、ビットコインの急激な値上がり現実にあった事により、仮想通貨の信憑性が高まり、ビットコインの急激な価値の値上がりが5年前から見ると10万倍以上になっているため、勧誘しやすいからです

また詐欺する人にとって仮想通貨は一回に得られる金額が高く、詐欺被害を相談したとしても詐欺をした本人を見つけ出す事が困難な事もあり、仮想通貨の詐欺が鎮火せず増え続けています。

絶対に価値が上がる」、「まだ公開されていない仮想通貨」、「保証がある」、「一回に支払う金額が高額」だった場合、仮想通貨の詐欺かもしれませんので注意してください

仮想通貨が絶対に値上がるという事はありませんし、未公開の仮想通貨を前もって売る事もありません。

上手い話で仮想通貨とキーワードが出たら注意をしましょう。

ビットコイン(仮想通貨)はリスクが高く借金返済には向いていない

ビットコインは1BTCの価値が高騰したり、使用できる店舗が増えたりと魅力的な話が多いです。

仮想通貨の先は明るくも感じますが、ビットコインですら市場のニーズはまだまだ乏しいです
その他の仮想通貨であるイーサリアム、リップル、ライトコインやネムなどはさらに認知度が低く、いつ価値がなくなるか分かりません

これ以外の仮想通貨は、それ以上に危険性を帯びています。

またビットコインも市場価値はまだまだ安定しておらず1BTC辺り120万円と高価値で取引されていますが、乱高下はまだまだ激しいです。

120万円だったものが1ヶ月後には70万円の価値に値下がる事だってあります。

仮想通貨は儲かると浅い知識で手を出すと100万円が一瞬でなくなるかもしれません。

魅力的な話が多くマイナスな話が隠れてしまいがちですが、1年でこんなに価値が上がっているなら「まだまだ儲かる」、「今からでも遅くない」と思って買ったら値下がったという話は仮想通貨以外にもFXや株でも大いにあります。

仮想通貨に投じたお金が全てなくなる覚悟資産に余力がない限り、私は仮想通貨に手を出してはいけないと思っています。

借金返済中であればなおさらです。

仮想通貨やFXなどの甘い話を聞くと儲けた時の自分を想像してしまいがちですが、安易に話に乗ると高い確率で損をします。

借金を仮想通貨で大儲けして返済するという夢は見ないようにしましょう。

借金を返済するどころか借金が膨れ上がる可能性の方が高いです。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。