借金返済にあたり、計画を立てたり、節約したり、月々の支払いに関して見直す事が一般的に大切だと言われています。
また借金返済が苦しい場合、債務整理を検討する事が一般的です。

借金返済を考えるにも、様々な面から見直しが必要とされますが、今回はざっくりと借金返済の計画を立てる事ついて、お伝えします。

今の借金返済状況で借金が完済できるか、できないかの判断基準にしていただければと思います。

判断基準は借金が3年から5年で完済できるかどうか

借金返済するにあたって3年から5年で借金を完済できない場合、黄色信号か赤信号の状態に借金がなっている可能性が非常に高いです。

なぜ3年から5年という期間なのか?

それは、3年以内であれば仕事の環境や家庭状況が大きく変化する可能性が低いからです。
また、4年後~5年後までは将来の予測が立てやすく、比較的今後の自分の状況が想像しやすいからです。

それ以上の年月が経過すると状況の変化が大きくなる場合もあり、自分の状況を想像する事が難しくなってくると私は思っています。

例えば、小学4年生の子どもがいる場合、2年後に中学生になり3年後には高校生になるだろうとある程度の予測が付きやすく、大体のお金の出費も把握できると思います。
中学生だったとしても、高校生になり大学生になるのか社会人になるのか見え、大学生になるとしてもある程度の出費が把握できると思います。
仕事でも3年から5年以内であれば、部署異動などの変化があったとしても給料の変動はそこまで大きくないと思いますし、離職などの話も3年~5年以内であれば今現在進行形で考えていると思いますし、リストラになりそうな状況だとしても、何となくリストラの予兆があると思います。

もちろん例外はありますので、あくまで目安として考えてください

仕事をしている方は、10年後もそこまで変化しないと思っている方もいるかもしれません。
しかし、本当に病気はしませんか?怪我や事故に絶対にあいませんか?会社は倒産する事はありませんか?
10年という長い年月は何が起こるか分かりません
いきなり地に落ちる方だっています。

その状況になった時、今ある借金を確実に返済できますか?
答えは「NO」だと思います。

なので、3年から5年という期間に借金返済できるかどうかは大きな判断材料になると私は思います。

一度、返済している金額が3年から5年の間に完済できるのか考えてみてください

借金返済の計画を立ててみよう

今回はざっくりとですが、ある一定の期間で借金を完済できるかに焦点をあててお伝えしました。

一度、今ある借金が3年で完済できるのか。4年で完済できるのか。5年で完済できるのか試してください。
その期間に完済できるのであれば、借金が完済できる確率は高いと思います。

ただ比較的状況を判断しやすい3年という期間でも突然事故にあったり病気になることはもちろんあります。
一日でも早く借金返済する事ができるのであれば、早めに借金を返済できるのに越したことはありません

始めに書いた通り一般的に考えられる借金返済方法は、借金返済の計画を立て、節約をし、月々の支払いを見直し、それでも借金返済が危険な場合、債務整理を考えるのが一般的で地道な作業だと私は思います。

しかし、私がお手伝いできる借金返済方法は債務整理をする訳でもなく、節約したり、月々の支払いに関して見直す訳でもありません。
計画を立てる事は場合によって必要となるかもしれませんが・・・一般的に考えられる借金返済方法とは異なります。

地道な作業でコツコツ返済していくか、少し違った方法で借金返済を選ぶかは、それぞれの判断です。

もし一般的に考えられる借金返済方法以外で借金を返済したいと考えている方はご連絡ください。

お申し込みはコチラ

借金返済のきっかけになればと思います。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。