借金返済が難しくなり現状を打破するための手段はいくつかありますが、大きく分けて4つに分かれます。

その4つの方法の中には、完済できたにも関わらず再度借金をしてしまう確率が高い方法もあります

あなたは借金返済できなくなったという同じ過ちを繰り返していないでしょうか?

借金返済ができなくなった場合に取る4つの方法

始めに借金返済が難しくなった場合に取る借金完済するための4つの方法を確認しましょう。

1.家族、親族、親しい友人に借金を返済してもらう方法
2.債務整理した後に、家族、親族、親しい友人に借金を返済してもらう方法
3.借金の一部を家族、親族、親しい友人に返済してもらい、残りの借金を自分で返済する方法
4.債務整理をし、借金全額を自分で返済する方法

1または2の家族・親族・親しい友人に頼る方法は、借金返済をできれば経済的にも非常に助かりますし肩代わりした方に対しても借金が返済でき感謝するでしょうし、完済できて嬉しい気持ちでいっぱいになると思います。

しかし、借金を家族・親族・友人の全額返済してもらった場合、再度借金をする可能性が非常に高いです。

少し考えてみましょう。

あなたは借金返済が難しくなり、現状を何とかしないといけないと切に感じている状態です。

あなたの状況を見かねて家族、親族、親しい友人があなたの借金を全額返済してくれたとします。

その時、あなたは借金をしてしまった事を反省するでしょうし、肩代わりして借金を全額返済してくれた方に対して感謝をすると思います。

しかし、この反省と感謝は短い時間で終わりをつげます

なぜなら、借金返済を肩代わりしてもらった事で借金の重さを感じず、借金の問題を解決したからです。

一時的に反省し感謝はしているはずですが、借金をしたとしても簡単に解決できると頭の片隅に残っているからです。
その場合、借金体質はなくなっておらず同じ金額、それ以上の借金をし、次は本当に後戻りできなくなります。

続いて3の家族・親族・友人を頼りつつ一部自ら借金を返済する場合ですが、肩代わりしてもらった借金がいくらで、残りの金額をどの程度あなたが返済したかによって変わってきます

家族・親族・親しい友人に肩代わりしてもらった借金の割合が大きければ大きいほど1や2と同じ状況になります。
肩代わりしてもらった借金の割合が小さい場合、再度借金をし同じような状況になる可能性は低いです

借金を肩代わりしてもらった割合が低いとなぜ再度借金をする可能性が低いのかを説明する前に4の方法について説明をします。

4の方法ですが、債務整理を行ったものの、自力で借金を返済しています。

その場合、借金返済するは非常に苦しいです。借金をした事を悔やむ時間や反省する時間が1~3の方法に比べ非常に長いです。

悔やみ反省する時間がもっとも長く借金をする大変さや苦しさが体に染みつき、借金をしていた、あの苦しい生活をまた送りたくないと心底あなた自身が感じ、借金に対する意識改善がされるため4の借金返済方法が一番同じ過ちを繰り返す確率は低いです。

3の返済方法にもどりますが、借金を肩代わりしてもらった金額の割合が低いと、あなたは借金に対して深く反省する時間が長くなり、自力で借金返済した時とあまり変わらない状況になるため、一部借金を肩代わりしてもらった場合でも再度借金する可能性が低くなります。

借金返済は苦痛を伴うもの

誰もが辛い体験は二度としたくないと思うはずです。

身をもって借金返済の大変さや苦痛を味わい、自らを戒める事で同じ過ちを繰り返さない防止となります。

借金返済はできるだけ自分で返済し解決する事をおすすめします。

しかし、必ずしも家族や親族、親しい友人などの手助けを受けてはいけないという訳ではありません。
注意してください。

借金問題は他の手助けがないとどうにもならないケースももちろんあります。

その場合は、あなたを手助けをしてくれた方に感謝する気持ちと共に迷惑を掛けたという後悔や反省を忘れないようにしてください。

あまり思い出したくない体験だと思いますが、定期的に振り返るだけでも再発防止にはなります。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。