もうそろそろ12月ですね。
世の中はキラキラしたイルミネーションに飾られ、クリスマスムードになってきていますね。
クリスマスまで残りわずかです。

しかし、クリスマスと聞いて頭を抱える方も多いのではないのでしょうか

恋人がいる場合、恋人と素敵なクリスマスを過ごしたいと思う方は多いと思います。
素敵なディナーを食べ、恋人が喜ぶ顔を見たい一心で恋人が欲しいと思っているプレゼントを買ったりと、12月は食事やプレゼントでいつも以上にお金の出費が多い方もいると思います

借金返済をしていてお金がないけど、クリスマスプレゼントぐらいは・・・・と思う方も少なくないと思います。
中には、クリスマスプレゼントを買うために再度借金をする方もいるのではないでしょうか。

日本ではクリスマスによる消費で借金をし、自己破産や任意整理など聞いた事がありませんが、海外ではクリスマスによる借金が問題視されている国もあります。

イギリスでクリスマスプレゼントを買うために借金をする割合

海外、イギリスではクリスマスの食事やプレゼントなどクリスマス関連で借金する割合が約46%に達しています。

イギリスでは家族や親戚に高価なクリスマスプレゼントなどを買い借金をする方が年々増加していたため、政府がカードローンで高価なプレゼントなどを買うために借金をしないよう呼びかける年もあったそうです

3年前ぐらいになるので、借金をして買う割合は減っているかもしれませんが、ヨーロッパの経済状況など明るいニュースを最近聞いた記憶がないので悪化しているように私は思います。

日本とは比べ物にならないほどクリスマスの重要さが伺える話ですが、国民の約半数がその日だけのために借金をすると考えると驚きですよね
逆に日本だと年々クリスマスの重要度が下がっている印象を受けます。

因みにクリスマスを一人で過ごす方を「クリぼっち」というそうですが、20代と30代のクリぼっちは40%~50%と半数ほどいるそうです。
海外と違いクリスマスで借金する割合は少なそうですね。

嬉しいような悲しいような話ですね。

それでもクリスマスに借金をする人はいる

イギリスでは借金をしてクリスマスプレゼントを買う人が多数いますが、日本でもクリスマス近くになるとカードローンの申し込みが増加します。

年末年始は出費も多いので申し込みが増加するのは分かりますが、まだまだ返済している借金がある方は新たな借金を作らないように絶対にしましょう

恋人がいるとクリスマスを豪華にする事でハッピーな気分になるかもしれませんが、それが終わったらハッピーが雪のように消え地獄のような借金だけが残ります

質素でも幸せなクリスマスはあります。

恋人がいたとしても自分が使えるお金をしっかりと把握し、クリスマスを過ごしてください。
クリスマスだからといって財布の紐をゆるめ、借金を増やさないように注意しましょう。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。