借金の話というのは、なかなか人にできるものではありません。

家族だとしても「心配をかけるんじゃないか」「迷惑をかけるんじゃないか」という気持ちが先行して、相談しづらいものがあります。

私自身も、借金があったことを家族に内緒にしていました。
やはり心配をかけたくはなかったからです。

ただ、一度同僚に話した事がきっかけで、借金完済となったわけですが。。

詳しくは私のプロフィールをご覧ください。

専門家による無料相談を利用しよう

そんな時は、この手の話に慣れている、専門家に相談するのはいかがでしょうか。

最近は、様々な機関で無料の借金相談窓口が用意されています。

弁護士だと相談にもお金がかかりますが、こちらは公的機関なので、無料で相談にのってくれます。

相談相手も専門家ですし、遠慮することなく気軽に相談できると思います。

対面が嫌なら、電話相談で対応してくれるところも多いので、そちらを利用することもできます。

ため込んでいるものを吐き出そう

相談によって、借金問題が根本的に解決することはないでしょうが、誰かに話すことがきっかけで、何かが変わることは十分考えられます。

私自身がそうでした。

ため込んでいるものを吐き出すという事は、とても重要で日頃のストレス発散にもってこいだと思います。

また、気持ちが軽くなることで、前向きになり借金返済に向き合える気持ちの強さを手に入れることが出来ます。

何気にこういう事が、借金返済には大切だったりします。

相談の結果、自転車操業の多重債務者なら、弁護士を紹介してくれることもあるでしょう。

自己破産したほうが楽な人には、やり直すきっかけになるかもしれません。

借金の無料相談窓口 一覧

金融庁財務局

金融庁財務局の各財務事務所や相談窓口で相談を受け付けています。

独立行政法人国民生活センター

各地の消費生活センターなどで相談を受け付けています。

日本司法支援センター(法テラス)

法テラスでは、面談・電話の他にメールでも相談を受け付けています。

日本貸金業協会

貸金業者の業界団体「日本貸金業協会」でも相談を受け付けています。

公益財団法人日本クレジットカウンセリング協会

日本クレジットカウンセリング協会は、多重債務者のカウンセリングを行う団体です。

一般社団法人全国銀行協会

全国銀行協会でも相談を受け付けています。

相談の際に用意するもの

これらを事前に用意して相談に臨めば、相談がスムーズに進みますので必ず用意しましょう。

  • 金銭消費貸借契約書写し
  • 請求書
  • 領収書

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。