「借りては返し借りては返し」何度も借金してしまう方には、貸付自粛制度を使うことをお進めします。
手続きを行うことで、金融機関が一定期間お金を貸してくれなくなります。
強制的に借金ができなくなる状況を作り出し、多重債務に陥ることを防ぐメリットがあります。

貸付自粛制度って?

貸付自粛制度は、日本貸金業協会が、申請者の情報を個人信用情報機関に登録することで、会員の消費者金融業者やクレジットカード会社などからの借入ができなくなります。
信用情報機関とは、消費者の借入の契約内容や支払状況を管理し、会員企業はその情報で顧客の返済能力を判断します。

信用情報機関について詳しくはこちらをご覧ください。

申請方法

貸付自粛制度の申請が出来るのは、本人または親族です。
日本貸金業協会の本部・支部で受付を行っています。必要書類を郵送でも対応してくれます。
登録までに3日程度かかります。
費用はかかりません。

登録内容

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号
  • 勤務先名
  • 勤務先電話番号

有効期間

5年

登録される個人信用情報機関

株式会社日本信用情報機構
(主に消費者金融業者が会員)
CIC
(主にクレジットカード会社が会員)

申請の撤回

申請から3ヶ月は撤回することが出来ません。

誘惑に負けて、どうしても借金をしてしまう。借金を繰り返してしまう人にとっては、貸付自粛制度は有効な手段だと思います。
意思が弱いと自覚されている方は、利用してみてはいかがでしょうか。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。