債務整理を考えた方や借金返済について調べている方は「信用情報機関」という名前を一度は耳にした時があると思います。

しかし信用情報機関という名前は知っているけど、何を行っている機関なのかいまいち分かっていない方もいると思います。

今回は信用情報機関について説明をします。

信用情報機関の役割

信用情報機関の役割とは、個人の信用情報「本人の属性」、「クレジットカードやキャッシングの契約状況」、「借入・返済などの取引状況」などの収集と管理を行っています。
毎月の返済状況だけでなく、延滞情報や債務整理の情報なども管理しています。

また消費者金融や銀行、個人などから照会の問い合わせがあった場合、登録されている情報を提供しています。

信用用情報機関にはクレジットカード、キャッシング、カードローン、ローン購入など、それらの申し込みをした段階でカード会社などから信用情報機関へ借入れ金額など情報が送られ登録されます。
なので、信用情報機関に登録されているのは多数の借入先がある方や返済状況が危険な人、いわゆるブラックリストと言われそうな方だけでなく、クレジットカードを持っている方は誰もがどこかの信用情報機関に登録をされています

信用情報とブラックリストを結びつける方は多くいますが、信用情報はあなたの借入れ状況を全て登録されているだけです。
信用情報登録=ブラックリストに登録されている訳ではありませんので、注意してください。

信用情報とは、あくまで借入や返済などの取引情報を収集・管理しているだけです。

消費者金融などが、あなたの借入れ状況や返済状況などを信用情報機関から確認し、お金を貸すか判断し、借入金額大きく借金返済が滞っている方を分かりやすい言葉で「ブラックリストに登録されている」と言っているだけです。
信用用情報機関に開示請求したとしても、信用情報の書類には「ブラック」などの分かりやすい言葉が書かれている訳ではありません。

信用情報機関の種類


信用情報機関ですが、信用情報機関は1つではありません

日本には「JICC」・「CIC」・「全国銀行協会」3つの信用情報機関があります。

それでは信用情報機関についてチェックをしていきましょう。

信用情報機関、JICC(日本信用情報機構)について

信用情報機関の中で最も古い機関です。
JICCには消費者金融会社、約80%が加盟していると言われています。
消費者金融会社は、ほぼJICCに加盟していると言えますね。

消費者金融会社の状況を確認したい場合、JICCに開示請求を行えば、だいたいの借入先の状況を確認できます。

信用情報機関、CIC(シーアイシー/CREDIT INFORMATION CENTER)について

CICには消費者金融・信販会社(クレジットカード会社)が加盟しています。
割合は分かりませんが、消費者金融・信販会社はCICにほぼ登録されていると言われています。

消費者金融会社・信販会社の状況を確認したい場合、CICに開示請求を行えば、だいたいの借入先の状況を確認できます。

ここで1つ疑問が生まれると思いますが、JICCとCIC共に消費者金融会社の状況が確認できます
どちらで開示請求を行えば良いのか?JICCとCIC何が違うのか疑問に思うと思います。

これは何故かと言いますと、消費者金融会社はJICCとCIC両方に加盟する場合が多いため、消費者金融会社のみ開示請求を行う場合、JICCでもCICでも開示請求を行う事ができます。

しかし加盟している割合がJICCの方が多いので、多くの消費者金融を利用している場合はJICCで借入れ状況などを確認した方が良いでしょう。

こちらのページでJICC・CICに加盟している消費者金融会社がチェックできます。
気になる方はチェックしてみてください。

JICCに加盟している消費者金融会社を検索
CICに加盟している消費者金融会社を検索

信用情報機関、全国銀行協会について

全国銀行協会全銀協とも言われています。
全国銀行協会には、名前に「銀行」とある通り、銀行や銀行系のクレジット会社、信用組合、信用金庫、農協などの金融機関が加盟しています。

銀行の金融機関が登録されている以外、開示請求内容はJICCとCICと変わりませんが、全国銀行協会だけ自己破産の官報情報を登録されています。
自己破産した場合、全国銀行協会に登録されている期間は10年です。

信用情報機関同士情報を共有している

消費者金融会社や金融機関によって1つの信用情報機関に加盟している会社もあれば、複数の信用情報機関に加盟している会社もあります。

それぞれの機関が加盟している会社から送られてきた借入情報を管理・収集していますが、JICC・CIC・全国銀行協会が共有してる情報が1点あります
それは、事故情報です。

事故情報とはクレジットカードの支払いを延滞・遅延したり債務整理を行った情報の事を指します。
これがブラックリストと呼ばれている情報です。

開示請求すると異動情報(ブラックリスト情報)という項目があり、そこに遅延・延滞や債務整理された方は、異動情報に記載されるようになります。

一般的に各金融会社や消費者金融の審査で見ている情報は、異動情報だと言われています。

信用情報機関に延滞・債務整理情報が登録されている期間

異動情報(ブラックリスト情報)も何十年も登録されている訳ではなく、異動情報として登録されている期間が決まっています。

異動情報が登録されている期間は、JICC・CIC・全国銀行協会どの機関も同じです。
延滞・遅延情報5年債務整理の情報5年とされています。
ただ自己破産した場合、10年登録されます

その他に多重申込といって、クレジットカードを短期間に複数登録した場合も異動情報に登録されます。
こちらは延滞・遅延や債務整理より登録期間は短く6ヶ月とされています。

自分の信用情報を確認できるのか

消費者金融や金融機関はこの信用情報を確認していると説明しましたが、信用情報は信用情報機関に問い合わせて開示請求を行う事で個人でも確認する事が出来ます
方法は各信用情報機関によって異なります。

窓口で開示請求を行う
郵送で開示請求を行う
ネットで開示請求を行う

上記3点のが主な方法ですが、詳しく確認される方はこちらのページを確認してください。

信用情報機関に開示請求を行う方法

もし自分の信用情報に不安がある方は、一度信用情報機関に問い合わせて開示請求してみるのも良いかもしれませんね。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。