転職や家賃の節約のために、借金返済中の身でも賃貸の部屋探しをすることはよくあります。
この際に気になるのが入居審査です。借金があると審査落ちするのではと、行動に移せない方もいると思います。

賃貸の部屋探しでは契約の際に、家賃保証会社が間に入るかどうかで審査の方法が変わってきます。それぞれのパターンの審査方法と借金があっても入居審査に響かないかを説明したいと思います。

パターン1 家賃保証会社と契約しない場合

そもそも家賃保証会社とは、賃貸の契約時に必要な連帯保証人を代行し家賃の回収を行う会社です。
連帯保証人を用意できない借主にとってはメリットですし、家賃の滞納が起った時は家賃の立替えを行うので大家にもメリットがあります。

家賃保証会社との契約が必要かどうかは、物件によって異なります。
パターン1は、この家賃保証会社と契約せず、自分で連帯保証人を用意する場合です。
このパターンは、信用情報をチェックされることがありませんので、借入の状況等が知れることはありません。年収・勤務先・連帯保証人等の一般的な入居審査をクリアすれば問題なく賃貸物件の契約をすることができます。

パターン2 信販系の家賃保証会社と契約する場合

パターン2は、家賃保証会社と契約する場合で、その保証会社が信販系の会社だった場合です。
借金のある方にはおなじみの信販会社が、家賃保証会社をやっていることがあります。
下記に有名な信販系家賃保証会社を紹介します。

  • オリコ
  • エポスカード
  • ジャックス
  • アプラス
  • セディナ
  • ライフカード
このパターンだとやっかいです。
信販会社ということで、信用情報をチェックします。カードローンの借入れ状況やクレジットカードの利用状況などを把握しているので、延滞がある場合は非常に不利になるでしょう。

パターン3 信販系ではない家賃保証会社と契約する場合

パターン3は、家賃保証会社と契約する場合で、その保証会社が信販系の会社ではない場合です。
このパターンだと、信用情報をチェックすることはありませんが、業界団体の全国賃貸保証業協会を通じて情報を共有している場合があります。借金の状況等は分かりませんが、賃貸住宅の家賃の滞納情報は把握できます。
過去に家賃の滞納をしていた場合は、不利になるでしょう。

家賃保証会社との契約が必要かどうか。どこの家賃保証会社と契約するのかは、不動産会社で確認するしかありません。
物件によってこの条件はまったく違います。ですが事前にこれらの情報を理解していれば、部屋探しの参考になるのではないでしょうか。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。