借金返済のために保険解約は必要なのか
借金返済に追われ返済が難しいと感じた方は、一度は保険解約を考えた事がないでしょうか。

様々な保険がありますが、死亡保険や医療保険などの生命保険に入っている方は多いのではないでしょうか。
その他にも自動車保険や学資保険など色々と保険はありますが、これらの保険は人を選びます。
車がなかったり、お子さんがいなければ関係ありませんからね。

生命保険の加入金額さまざまで一概に必要、不必要と判断するのは難しいです。
しかし、生命保険を継続するのか解約するのかどうするべきかという判断基準の指標はあります

ここでは借金返済に追われている場合、生命保険を解約するべきかどうかを説明をします。

生命保険を解約する判断基準

では生命保険を解約する基準は・・・

ズバリ!
毎月の借金返済できず、借金の残高が減っていない、もしくは利息の入金しかしていない
方です。

借金返済の月々の返済がなんとかやりくりして行えている方は生命保険を解約せず継続すべきだと私は思います。

なぜなら生命保険は万が一の事に備えて、何らかの確固とした保障を残して置きたい、不安があるから入っていると思います。
そういった理由で一応入っている方が多くいると思いますが、そういった方が借金完済し生活状況が落ち着いたら再度保険に入る確率が高いと私は思います。

ただその時は年齢も上がり、保険金額も値上がりをします。
そうすると入りたくても希望の保険に申込みできなかったり、申込んだとしても今以上に損をする事は確実です。

生命保険は若いうちに入っただけ毎月支払う金額は安いですからね。

毎月の借金返済額が利息分ほどしか払っていない方以外に生命保険を解約した方がよい方は下記になります。

・高額の保険料を払っている方
・おまとめローンをしたのに借金返済が難しくなっている方
・借金返済が滞納し始めている方

上記3項目に当てはまる方も、生命保険の解約を考えた方が良いでしょう。

それ以外の方は生命保険を残して置いた方が良いでしょう。

保険を見直すと継続できる場合がある


日本の場合、医療保険や死亡保険に何となく入っている方が多くいます
日本の生命保険に加入している割合は約8割と言われています。海外だと約4割程度しか生命保険に入っていません。

日本の性格上の問題が大きいと思いますが、他の人が保険に入っているから自分も何となく入っている方は、日本は多いです。

この何となく入っている方は、医療保険や死亡保険の金額を多く支払っていたり内容をよく理解していないまま入っている場合が多く、今払っている金額より保険料が安くなる場合があります
ただ保険料が高額な分、保険内容は手厚く保険内容は充実している事が多いです。
しかし、その手厚い保険は自分にあっているかと判断した場合、必要ない部分が保険内容に組み込まれていたりする場合があります。

今入っている保険が本当に自分にあっているのか、一度保険を見直し保険料が下がるか据え置きのままかを確認してみてください。

生命保険は今加入している保険を見直し、継続するか解約するか判断しよう

生命保険を解約するかどうかは今加入している保険内容見直し、現状支払っている借金返済額が毎月滞りなく返せているかどうか、利息だけ支払っていないかを確認し、生命保険の継続・解約の判断をしましょう。

また利息だけしか支払えていない方も生命保険を見直す事で、生命保険の支払金額が安くなり借金返済に充てる事ができるかもしれません。

まずは生命保険を見直し、下げれる場合は保険料を下げましょう。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。