ブランド品をネットで簡単に現金化できたらいいな」と思っていた方は、多くいると思います。
そんなネットの質屋アプリ「CASH(キャッシュ)」が平成29年6月29日にリリースされました。

そんな質屋アプリ「CASH(キャッシュ)」ですが、リリース前から色々と物議を醸し出していて、危険性やトラブルが尽きなさそうなアプリです。
このアプリが認知されれば、より手軽に質屋に入れて、簡単に現金化が出来るかもしれませんが、まだまだ先の話かもしれません。

そんな質屋アプリですが、リリースして一日で査定機能が一時停止してしまいました。
理由としては、数十時間で約3億6千万円以上のアイテムがキャッシュされ、集荷依頼のアイテムが7,500個以上になり、その集荷処理がCASHスタッフ(4人)で処理を行わないといけなくなってしまったためです。

4人で処理できない事はもちろんですが、遊び半分でCASHを使用していた人を含めても、中々の数がキャッシングしていますね。
きっとその中には今回の利用だけで、とんずらする人も多くいる事でしょう。

何となくですが、私は、いつぞやのメルカリ事件「現行紙幣の出品」を思い出します。
話は全く異なりますが、「現金が今欲しい!!」という人は、こんなにもいるんだと感じました。

CASHの危険性と問題点

CASH(キャッシュ)はリリース前から危険性や問題点が叫ばれていましたが、私が感じる危険部分をここに書いて置きます。

どこかのタイミングで再度サービスが開始され、中にはCASH(キャッシュ)を利用する人がいると思いますが、その危険性を頭に入れて利用してくださいね。
私は利用をおすすめしませんが、注意喚起になればいいのかなと思います。

危険性1|入金確定までが早すぎる

アプリをインストールして、キャッシング手続きまで4~5分で完了します。
本人確認等は始めに行うSMS認証しかないので、手軽にキャッシング出来てしまいます。
キャッシングするか迷ったまま手続きを開始すると、損をする場合があるので注意しましょう。

危険性2|商品を送らない場合、利子15%

キャッシングをした後、撮影した商品を送るか、現金で返済するか選べます。
しかし、現金で返す場合、利子15%です。
2万円までのキャッシングで利子15%なので高いですよね。
利用するとしても商品を送るようにしましょう。

危険性3|1万円以上をキャッシュする場合、振込手数料が発生

1万円以下の場合、コンビニでキャッシング可能ですが、1万円以上の場合は銀行で行わないといけません。
その際、手数料が250円も掛かります。
キャッシング出来る金額が少額の事や銀行でしかキャッシングできない限定性を考えると、銀行などのキャシングの方が遥かに良いと思います。
同じ金額であれば手数料が掛からない場合が殆どであり、返済するタイミングによりますが、利子も安いと思います。

危険性4|認証確認が手軽

本人確認はSMSのみという手軽さ。
これは利用者ではなく、運営側が危険な話ですが、とんずらする人等が多そうですよね。
2万円貰えるアプリと考えれば数名は少なからずいそうですよね。

危険性5|高級ブランド品やiPhoneなどしかお金にならないが、何でも売れる

カテゴライズされているものが高級ブランドなどの服飾品が多いですが、
身近なユニクロやGUなどのアイテムはキャッシングできません。
また、写真撮影がありますが写真認証はないです。
何を撮影しても反応します。
例えばカテゴリで最新iPhoneを選択し、適当にTVのリモコンなどを撮っても
2万円キャッシングが表示されます。
質屋に入れる物は限定されていますが、写真認証が善意に任されているので、
遊び半分の方も続出していますし、写真撮影の意味は特に意味がありません。
もちろん、しっかりと取引している方は質屋に入れる予定のアイテムを正直に撮らないといけませんが
運営側は利用者の善意に任せすぎですね。

性善説に基づくサービス「CASH(キャッシュ)」


今回CASH(キャッシュ)をリリースした株式会社バンクの代表
の光本勇介さんは「CASHは統計学、性善説のビジネスだ」と語っていたそうです。
性善説と聞くと、ある意味日本でしか出来ないビジネスだとも思います。
私も日本人ですが、日本人の多くは律儀でルールを順守する人が多数だと思います。
電車やお店の行列の順番を守ったり、自転車に物が入っていたとしても盗まなかったり、
落ちている財布をしっかり交番に届けたりと海外ではまずありえません。

ただ、ビジネスに性善説を結びつけても成り立たないと感じますし、
それを唱えている以上、「CASH(キャッシュ)」の危険性は変わらないと思います。

今後も「Pay Day」と給料を前借りするアプリがリリース予定ですが、
こちらもZOZO TOWN(ゾゾタウン)の「つけ払い」のような危険性を感じるアプリですね。

皆さんも利用する際は十分に注意しましょうね。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。