カジノ関係のニュースで2018年2月21日に与党側で意見をまとめカジノ入場料2000円という案を組み込んだカジノ法案を国会に提出するそうです。

可決か否決かまだ分かりませんが、カジノの入場料2000円を徴収する理由としてギャンブル依存症防止のためにカジノ入場料を取るみたいです。
入場料徴収する理由として、何だか不思議な法案だと私は感じてしまいます。

入場料を取ってギャンブル依存症防止になるのか

ギャンブル依存症防止のためにカジノ入場料2000円を徴収する案を提出するようですが、ギャンブル依存症の方やギャンブル依存症予備軍の方がたかが入場料2000円だけでカジノに行くのを止めるとは到底思えないです

ギャンブル好きはそんな2000円ばかしカジノですぐに取り返せるという心理が頭に過ぎりそうですし、2000円なんて大した金額ではないと思っている筈です。

また、カジノにそこまで興味がない方や少しだけ興味があった方など興味が薄い方は殆どカジノに行かなくなるように感じます。

きっと興味が薄い方は海外旅行に行った際にカジノをやればいいかというレベルだと思います。
世界最大規模のマカオのカジノまで日本から行く場合、一番安かったら往復2万円ぐらいで行けてしまいます。
今となってはちょっとした旅行感覚でカジノも楽しめるぐらいです。
興味が薄い方はカジノに行く頻度はより減り、カジノに行ってギャンブル依存になる確率はさらに減りますが、そういった方は誰かの付き合いがない限りそもそもカジノに行かないと思います。

カジノ入場料2000円になった場合、ギャンブルが好きな方やギャンブルに興味がある方しかカジノには行かず、興味が薄い方はほぼカジノには行かなくなると思うのでカジノ入場料2000円は全くギャンブル依存症防止にはならないと私は感じます。

カジノ入場料2000円はなぜ徴収するのか


カジノ入場料2000円案を提出したニュースを聞いた時、何だか酷いシステムだなと感じました。

以前の記事で書きましたが、日本でギャンブル依存症の疑いのある方は他の国に比べ非常に高いです。

日本でギャンブル依存症の疑いがある人の割合

上記の記事ではギャンブル依存症の疑いのある方は約536万人いると判断されていますが、最近、厚生労働省が調査だと約320万人いると計算しているみたいです。
あくまで推計なので320万人より少ない場合もあれば、320万人以上いる場合もあります。

ただこの約320万人の方はきっとカジノに興味があると思いますし、入場料2000円掛かろうが一度はカジノに行くように感じます。

そうすると最低でも2000円×320万人の入場料の儲けがあります。
その額は64億です。
カジノに入場をしたらもちろんカジノをすると思いますが、カジノをしなくて入場するだけで64億のお金を最低でも徴収できるとも考えられます。

ここで説明している人数はギャンブル依存症の疑いのある人数なのでパチンコや競馬などを楽しんでいる方はカジノにも興味があり、カジノに行くと考えられるので、それ以上の金額が入場料だけで徴収できるように感じます。

ギャンブル好きは興味本位で一度はカジノに行く筈のなので、私はこの入場料2000円はギャンブル依存症防止のためではなく、ギャンブル好きやギャンブル依存症の方、ギャンブル依存症の疑いのある方からお金を巻き上げるあこぎなシステムのように感じました

ギャンブル依存の疑いがある方は注意してください


カジノの入場料2000円と聞いても、特に何も感じない方はギャンブル依存症の疑いがあると思っていいかもしれません
カジノ入場料2000円と聞いてお金が取られていると感じる方は、ギャンブル依存症になる危険は低いですし、そもそもカジノに行かなくなると思います。

「カジノ入場料2000円」に対して何も疑問に思わず、借金返済していたり、借金返済していてパチンコや競馬などが好きで今も継続してギャンブルを行っている人で借金が減っていない方や借金が徐々に増えている方早く借金の危険性に気づき借金返済に向き合った方が良いです。
最悪ギャンブル依存症になる可能性もあります。

私も以前はパチンコや競馬などのギャンブルが好きでよく行っていました。
しかし数百万の借金があった事がきっかけで徐々にパチンコなどのギャンブルからも遠ざかり今ではパチンコや競馬は一切していません。

私にとって借金返済と向き合った事は大きな変化でしたし、向き合った事でギャンブルから離れ借金返済が上手くいったようにも感じます。

ギャンブルが好きで借金がある方。
早い段階で借金と向き合えば借金生活から脱出できギャンブルからも離れられるかもしれません

そこに踏み出すはじめの一歩が肝心です。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。