2018年1月31日に大手通信アプリと有名な「LINE(ライン)」が仮想通貨などに参入する事を発表しました!

仮想通貨などを扱う会社は「LINE Financial(ライン フィナンシャル)」だそうです。

このLINEフィナンシャル仮想通貨だけではなくローンや保険など金融関連サービスを幅広く提供予定だそうです。
その他にも仮想通貨取引所やブロックチェーン技術開発なども行うそうなので、今後どういう動きをするのか個人的に気になります。

現在LINEファイナンシャルは金融庁へ仮想通貨交換業者登録の手続きを開始し現在審査中との事なのでLINEが作る仮想通貨も近いうちに出てくるかもしれません。
LINEと仮想通貨という事で話題が尽きなそうですね。

LINEはゲームを始め、マンガ、モール、宅配サービスなど様々なサービスを行っていて、幅広い年齢層で使われています。
主に10代や20代などの若い人達の利用が多いです。
その若年層の利用者の多いLINEが仮想通貨やローンなどの金融関連に参入する事で手軽に借金する方が多くなりそうで怖くも感じます

ZOZO TOWN(ゾゾタウン)が行うツケ払いなどにより、若い世代でお金を借りる感覚が年々軽くなっているように私は感じます
「あとで返せばいいか」という感覚は若い世代ほど軽く考えてしまうと思います。
昔の私がそうであったように。

カードローンを使い続けると徐々に感覚が麻痺し、借金を借金だと思わなくなります
手近にあるLINEアプリが始める事で、お金を借りるという感覚がより身近に感じ早い段階でお金を借りるという感覚が麻痺するかもしれません。

LINEが今後どのようなサービスを展開し今まであるサービスとどう連携するか分かりませんが、より手軽に少額からお金が借りられるようになる気もします。

お金を借りる行為は悪い事ではありませんが、必ず利子が付くという事を忘れてはいけないです。
またお金を借りるという感覚は徐々に麻痺する危険性がある事も忘れてはいけません。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。