最近、給料前払い・前借りサービスというのをよく耳にします。有名な女優を起用したテレビCMを流している会社もあります。私も最初に聞いた時は、給料の前借りが簡単にできるような仕組みができたのかな、と思いました。
しかしよく調べてみると、これが闇金並みのとんでもない商売だと気が付きました。

給料前払いサービスの仕組みについて

一般的な給料前払いサービスを簡単に説明しますと、給料前払いサービス会社は企業に代わって従業員の求めに応じ給料の前払いを行います。その際に前払いを受けた従業員は、手数料を給料前払いサービス会社に支払います。

給料前払いサービス会社は、企業から費用を取るのではなく従業員から手数料という形で利益を得ます。

企業側にはメリットしかありません。このサービスを導入することで、求職者にうちは前借りOKというアピールができますし、離職率も下がるかもしれません。しかも自分の懐が痛みません。
従業員側も、緊急時に前借りができるというオプションを手に入れることが出来ます。
しかし問題は、前借りする際に取られる手数料なのです。

消費者金融で借りた方がまだましです

前借りをした際、給料前払いサービス会社が取る手数料は6%程度です。
…6%!?

3万円を前借りしたとしたら、1,800円の手数料
あれ、なんかおかしくないですか。

次は、消費者金融で3万円借りた場合(金利18%・返済期間1か月)
返済金額30,443円 利息、443円

給料前払いサービス会社が取る手数料が、凄まじく暴利なことに気が付きましたでしょうか。
急な出費で現金が必要になった場合は、金利18%の消費者金融で借りた方が出ていくお金が少ないのです。

非常にグレーな商売だと思います。貸金業の免許なしに利息を取っているのと同じような事です。
規制が必要だと思うのですが、今後はもっと給料前払いサービスが一般的になっていくのでしょうか。だとしたらきちんと給料前払いサービス会社の仕組みについて理解することが重要です。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。