旅行や飲み会、高額バッグなど、様々な事についついお金を使ってしまい、気づいた時にはいつもお金がないという状態が続いてしまう方は少なくないです。

そんな気づいた時にはお金がなくなってしまっている方にとって、「貧乏貯金」という貯金方法がありますので、ご紹介します。

貧乏貯金とは

貧乏貯金とは何か。

名前からはあまりいい響きではないので何だかブルーな気持ちになりそうですが、貧乏貯金とは月々の給料を現在貰っている金額より減ったと思い込む方法です。

分かりやすいように例を出すと月収35万円の方が月収30万円しか貰っていないと思い込んだり、月収25万円の方が月収22万円と思い込み給料が減ったと思い込む事です。

普段35万円で生活していた方は30万円で生活しないといけませんし、25万円の方は22万円で生活をしないといけません

実際給料が減った訳ではありませんが、給料が減ったと思い日々の生活を抑え貯金する事が貧乏貯金です。

貧乏貯金の場合、実際の月収と思い込んだ月収の差額分が貯金される事になります。
35万円で30万円と思い込んだ方は5万円
25万円で22万円と思い込んだ方3万円を貯金している事になります。

貧乏貯金を行う場合、減らした金額に関しては半年または1年手を付けないようにしましょう。
手を付けない事が貧乏貯金の続けるコツでもあります。

貧乏貯金は仮定する事が大切

そんなお金がなくても実際通帳にはお金があるんだから使ってしまうという方も多いと思います。

貧乏貯金を行う場合、始めに銀行やATMには給料を引き出すとき以外、ATMには行かないようにします
自分の月収が減ったと仮定した金額を全て引き出し財布または家に保管します。
またクレジットカードも使用禁止です。

クレジットカードがあればお金がなくても欲しいと思った物は買う事が出来てしまうので禁止です。

ここまでルールを決めれば通帳に入っていたとしても使えません。

貧乏貯金は思い込みで行うので思い込みが上手くない方は始めのルール付け肝心となります。

貧乏貯金でも意外と生活できてしまう

今まであった給料が減った場合、誰もがそのお金では生活できないと思う方は多いかもしれませんが、人間は限られた金額で生活しないといけないと決まった場合、不思議な事にその限られたお金の中で生活できてしまいます

消費税が上がったりしたとしても誰もが文句を言っていると思いますが、意外と普段と変わらず生活していると思います。
貧乏貯金も同じように今ある金額でどうにかこうにかやりくりすると決めた場合、そのお金でそれなりの生活を送る事ができてしまいます

ついついお金を使ってしまう方は貧乏貯金を一度試してみてはいかがでしょう。
きっと半年後や1年後に借金の繰り上げ返済ができます。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。