大学病院を卒業し、これから看護士として働くAさんですが約900万円もの第二種奨学金返済があり今後お金を返せるか不安という内容がある掲示板にありました。

看護士として働くAさんも色々と悩んでいるそうで、そもそも900万円の借金が返せるのか、自己破産をした方が良いのか、保証人が親になっているが自己破産しても問題ないのかなど色々と不安があるようでした。

約900万円もの借金を今後どうするべきなのか私なりに考えてみました。

多額の借金ですが自己破産せず自力で返済すべき

これから看護士として働くAさんですが、自己破産せず自力で多額の借金900万円を努力して返済すのが良いと思います。

自己破産すると資格や職業に制限があり、信用情報機関に自己破産の記録が5年~10年載りますが、Aさんの職業は看護師なので自己破産しても資格や職業の宣言はないですが、自己破産によるAさんに圧し掛かるリスクは信用情報機関に記録が載り、長い年月キャッシングなどの借入れが出来ない事が大きなリスクだと私は考えています。

また奨学金での自己破産はキャッシングやカードローンの借入とは異なり弊害があるため注意が必要です。
奨学金の自己破産の弊害については後程お話しします。

看護士の年収があれば楽ではないが返済はできる


Aさんの場合、社会人1年目としては年収の高い看護士という職業に就いています。

社会人1年目の一般的な年収約240万~300万円です。
社会人1年目の看護士の年収約380万円と高いです。

年収が380万円でボーナスがある場合、看護士の一ヶ月の手取り額は約20万円ぐらいです。

Aさんの奨学金の借金は第二種奨学金なので無利子ではなく利子があると思います。
第二種奨学金の利子上限は3%以内なので高くても3%の利子です。

3%の利子で900万円の借金を15年で返済しようとすると1ヶ月に支払う金額は約6万円ぐらいです。

借金を毎月6万円支払うのは楽ではありませんが、普段の生活で贅沢をしなければ返済できない金額ではありません

15年という長い年月返済しないといけないのは大変だと思いますが、返せる返せないで考えた場合借金返済は可能です。

奨学金の自己破産の弊害

奨学金の借金で自己破産をした場合、弊害があると説明しました。

キャッシングやカードローンと違い奨学金で自己破産をすると、Aさんの場合、保証人である親が奨学金全額を一括返済しなければいけません。

Aさんの借金返済はなくなりますが、保証人であるAさんの親に奨学金返済の請求がいく事になります。

親に相談し承諾していただけるのであれば自己破産も手ですが、奨学金を借りている以上、親が900万円もの大金を一括返済する事は難しいと思います。

また奨学金の場合として説明していますが、キャッシングやカードローンでも保証人がいた場合保証人が一括返済しないといけませんので注意してください。

奨学金の借金を債務整理するおどうなるか、こちらの記事で説明していますのでご参考にしてください。

奨学金の借金返済に行き詰まり債務整理するとどうなるか

奨学金以外の借金であれば自己破産も考えるべき


Aさんの場合、借金が奨学金だったため金利がそこまで高くなく、職業も看護師と年収がそこそこ高いので生活を切り詰め、自己破産せずに借金返済した方が良いと私は思いました。

しかし借金が奨学金ではなく、キャッシングやカードローンで保証人がいない場合は自己破産を勧めます

なぜなら奨学金に比べキャッシングやカードローンは金利が高いので、返済期間も長く返済金額も高い事が考えられます。

奨学金で15年の返済期間とした場合、キャッシングやカードローンは17~18年返済期間はあると考えていいでしょう。
その場合、15年以上もの歳月を借金の事を考えつつ借金返済を頑張らないといけません。

自己破産をすると長くて10年間キャッシングやカードローンはできませんが、10年経てば職業によってキャッシングは可能です。
自己破産の場合、10年間我慢をすれば、人生のリスタートは可能だという事です。

また自己破産した事が社会的にネックになると考える方も多いと思いますが、自己破産の履歴は官報に記載されるだけで一般的な人がこの人が自己破産している、自己破産していないは本人が話さない限り他人が気づく事は殆どありません

900万円の借金があり返済が厳しい場合自己破産をしてリスタートをした方が借金返済を頑張るより早く人生のやり直しができると思います。

もちろん借金は返済しないといけないという倫理的な問題はあると思いますが、倫理的な問題や自分が抱えるストレスの軽減を考えたら900万円もの借金があった場合は自己破産した方が良いと私は思います。

借金返済を続けるか自己破産するかの問題借金の総額や返済期間、返済金額、個人の倫理観、ストレス状況など様々な事を考慮してどう対応するか考えるべきだと私は思います。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。