奨学金を利用している学生が50%を超える中、新しい人材を確保するため奨学金支援制度という福利厚生を導入し、奨学金の返済をフォローする企業がジワジワと増えています

奨学金支援制度は、所謂あなたが抱えている借金を企業が代わりに支払ってくれる制度なので借金返済制度というと分かりやすいかもしれません。

奨学金支援制度(借金返済制度)を導入している企業


奨学金支援制度株式会社ノバレーゼが2012年から早々と導入しています。
内容は勤続5年、10年の社員に最大100万円支援するという内容です。

その他にも「奨学金返済額の50%を毎月の給与に上乗せ」や「1ヶ月分の奨学金返済額を毎月給与に上乗せ」、「冬のボーナスで最大100万円支援」「支援金額の上限を180万円とし毎月の給与に上乗せ」など企業によって様々な借金返済のフォローをしています。

奨学金支援制度を調べると株式会社ノバレーゼ株式会社オンデーズ株式会社GOSPAトヨタ自動車株式会社などが奨学金支援制度を取り入れているという情報が多く、それ以外の企業は奨学金支援制度は導入していないように感じますが、リクナビ「奨学金」と調べると343社ヒットします。

関東に絞ると182社となり、関東以外でも奨学金支援制度を取り入れている企業は多い事が分かります。

奨学金(借金)を全額免除してくれる企業

奨学金支援制度に関するニュースで、ある企業に入社した際、奨学金・借金を全額免除するという驚きのニュースが発表されたのが記憶に新しいです。

その企業は吉野家ホールディングスです。

吉野家ホールディングスは大学卒業後、同社に入社した場合、一定期間働けば奨学金の返済を全額免除すると発表しました。

しかし一定期間という内容を忘れてはいけません。
一定期間とは吉野家に4年間勤務した場合です。
4年間勤務した場合、奨学金を全額返済してくれますが、吉野家に4年間勤務できなかった場合、それまでに貸与された奨学金を全額返済する必要がありますので注意が必要です。

この吉野家の奨学金制度については物議を醸していますが、良い奨学金制度とみるか悪い奨学金制度と見るかはあなた次第です。

奨学金支援制度は学生のみの制度ではない


奨学金支援制度と聞くと新社会人のための制度と思いがちですが、そんな事はありません

もちろん新卒者に向けて奨学金支援制度を取り入れている企業は多いですが、転職サイトのマイナビ等で奨学金について調べると数件ですがヒットします。

奨学金支援制度は新卒者だけでなく、社会人2年目や3年目の方でも使える制度の場合があるので、奨学金を抱えていて就職をしようと思っている企業が奨学金支援制度を取り入れていたら面接の際や転職が決まった際に採用担当者等に話を聞いてみてもいいかもしれません。

仕事内容やブラック企業など会社を選ぶ上では人それぞれ選定基準があると思いますが、現在ある奨学金を早目に返し、借金生活を打破したい方も多いはずです。
仕事内容だけではなく、その企業が奨学金支援制度が充実しているかどうかを基準に仕事を探してみても良いかもしれません。

奨学金支援制度のある企業を選ぶ事で、借金を早めに返済できたり、借金に対するストレスが軽減されるはずです。

仕事内容などももちろん重要ですが、今抱えている借金を早めに返済する事も次のステップに進む上で私は重要だと思います

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。