「嵐」の櫻井翔が主演しているドラマ「先に生まれただけの僕」が今放映されています。
私は櫻井翔が出演しているドラマはハズレがないと思っていて、ストーリーが気になる場合は必ずチェックしています。

今回櫻井翔が主演しているドラマ「先に生まれただけの僕」は「学園ドラマ」ですが、一風変わっています。

櫻井演じる鳴海涼介はある商社に勤めるサラリーマンです。
その商社が経営している私立京明館高校という平均偏差値44で毎年赤字を出している高校があり、上司に黒字に立て直すように命じられ、その高校の「校長先生」になる話です。
鳴海はいわゆる左遷にあったのですが、今ある学校の問題を取り上げつつ鳴海校長がどう私立の高校を立て直すかという奮闘学園ドラマです。

その1話目を観ていると「奨学金」について取り上げられていました。

ドラマ「先に生まれただけの僕」にあった奨学金についての話

ドラマ「先に生まれただけの僕」では鳴海校長はこう話していました。

奨学金借金だって実感したのは就職してからだった・・・・
最初の給料なんてたいしたことないからさ。そこから3万近く引かれるってのはかなりきつかった・・・・
今でも払い続けている
よ。
利子含めると600万円近くなるからね。
全部払うのにあと10年掛かるよ
・・・・
でも、そんなことになるなんて聞いたことがない。記憶がないんだよね。

と櫻井翔演じる鳴海校長は、奨学金が必要となる生徒に話していました。

奨学金を借りて大学に通う事は借金をするという覚悟が必要だと生徒に話していました。

しかし、生徒は「そんな話を聞きたくなかった」とその場から逃げました(笑)

第一話はそこで終わり鳴海校長は担任に呆れた蔑んだ目で見られてしまいますが、第二話でその生徒から鳴海校長に対して奨学金の話を聞く事ができて良かったと生徒が担任に話し、その生徒は進学する方向で考えると話していました。

この話を聞いていて、私も奨学金が大変だった記憶や支払いをするまでこんなに借金があるとは思っていなかったため、鳴海先生の話には共感できる所がありました。
借金という事は、うっすら分かっていましたが、深く考えていなかったですし、奨学金の支払通知が届くまで奨学金による借金がこんなにも大変なんだとは思っていませんでした
高校の時なんて全く考えていなかったでしょうね。

奨学金の今

私はこの話を観るまで奨学金は経済的に厳しい家庭が使うものだという認識がありました。
しかし奨学金を利用し、大学に通っている割合を調べると50%を超えています!!
凄い割合ですよね2人中1人は奨学金を借りているそうです。

私が大学に通ってた時はまだ約30%、その10年前辺りは約20%と10年毎に約10%ほど増加しています。

さすがに50%以上はそう簡単に上がらないと思いますが、分かりません。
時代が時代ですからね・・・

貧富の差や出生率等でも変化しそうなのでここがピークで下がるかもしれませんし、まだまだ上がるかもしれません。

しかし奨学金を借りて通っている方が50%いるという事実は凄く驚きました。

奨学金問題がこれからどう展開するか気になりますが、ドラマもどうなるか気になる

奨学金の問題提起は第1話で終わっているので、これから奨学金の話がストーリーに組み込まれる事はないと思いますが、改めて奨学金は大きな問題だなと感じました。

奨学金には無利子の方もいれば、有利子の方も多く存在しています。
※奨学金問題により平成29年は無利子を利用する割合も増加しましたが、まだまだ有利子で借りている割合は多いです。

奨学金を知っていると知っていないとでは大きな違いが今後出ると思います。
私も奨学金は知っていましたが、借金という認識はかなり低かったです。

今どれだけの方が奨学金を理解し、お金を借りているのかが気になる所です。

奨学金も名前は違えど、借金です。

たまにドラマなどで現状の社会問題を取り上げられたりすると今の学校の問題や勉強の仕方がどう変わっているのか、日本の社会問題などが分かるので観ていて面白いです。

「先に生まれただけの僕」も次で第8話となり、折り返し地点も過ぎてしまっていますが、ラストどうなるか楽しみです。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。