都心で暮らす場合、一番費用がかかるのが家賃です。
家賃を抑えることができれば、支出を大きく抑えることができます。
一般的に考えれば、家賃を抑える方法として考えられるのは、最寄駅から遠ざかる、築年数が古い物件を選ぶ、シェアハウスに住む等が考えられます。
しかしこれらには、交通費が上がる、時間を無駄にする等のデメリットもあり、何よりそれほどお金を節約する事にはつながりません。

大きな支出削減を目指すなら、根本的に“住”というものの概念を変えればいいのかもしれません。

ネットルームという住み方

ネットルームとは、長期滞在者向けにできたネットカフェみたいなものです。
一時期、ネットカフェ難民が話題になりましたが、ニーズに応えてサービスが進化しているようです。
運営会社や店舗によって、設備等は変わってきますが、今回参考にさせていただいた、ネットルーム神田店さんは、全室防音個室(鍵付き)で、室内には、テレビとPC。一般的なネットカフェの個室よりは広そうです。店内には生活に必要な、シャワーやコインランドリーなどがあります。もちろんWi-Fiも使えます。

料金 ※ネットルーム神田店の場合

気になる料金ですが、1日で1,800円。1週間で12,600円です。
ということは、4週で50,400円になります。

 プラン 備考 料金
12時間 ¥1,000
1DAY 翌朝の11時まで ¥1,800
1WEEK 8日目の朝11時まで ¥12,600

光熱費とインターネット代はかかりませんし、敷金・礼金・保証人等といった通常部屋を借りる時に必要な、初期費用もいりません。なにより都心のど真ん中に住めるという時間的なメリットは非常に大きいと思います。
もちろんデメリットも多数あります。
それを踏まえても、どうせ家に帰っても寝るだけの人ならば、ひとつの選択肢として、ネットルームはありかもしれません。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。