話題になっている賃貸のニュースを見て驚いたので紹介をします。

都内の3~5畳ほどしかないワンルームの部屋が人気になっているようです。

都心3~5畳の10万円以下の部屋は都心への憧れが異常に強く通勤などの移動距離のメリットしかなく、デメリットの方は大きいように私は感じます。

なぜ3~5畳ほどしかない狭い部屋が人気なのか

3畳とか本当に暮らせるのか疑問に感じますが、3畳の部屋が人気の理由都心の部屋に10万円以下で住め、交通の利便性が高く部屋は寝るだけのためにあり部屋の広さを特に必要としない人にとってメリットが高く人気のようです。
山手線の内側が家賃10万円以下で住める事に魅力を感じているようですね。

またミニマリストにも人気のようです。

利便性が高く部屋は寝るだけという理由は確かに私も納得できる部分もあります。
独身男性で仕事が忙しく食事は基本的に外食の方や仕事帰りも休日も遊びや飲みに行ってしまい家にいる事は殆どない人にとってメリットはあるのかもしれません。

ただ私は都心だろうが3畳の部屋に住みたいと思いませんし、10万円以下の部屋であれば都心でも意外と多いので少し不思議にも感じます。

3畳のワンルームに住んだ方は意外と暮らしやすいと感じる方も多いようですが・・・
私は「意外と暮らしやすい」という考えには一生ならないと思います。

都心への異常な憧れがある方にとって、おすすめな暮らしなのかもしれません

女性や借金返済をしている方には向かない暮らし方


3~5畳のワンルームが話題になっている話を聞いて独身男性はまだ暮らしやすいかもしれませんが、京に憧れがあったとしても女性にはおすすめできない暮らし方だと私は感じました。

理由は男性より女性の方が服やアクセサリーなどの装飾品が多いですし、化粧品などもあり物が男性よりも多いです。
3畳という部屋はベッドを置いただけでいっぱいいっぱいになるので机なども置けません。
通勤や移動のメリットはあるかもしれませんが、ゴミ屋敷のように物が溢れる可能性が十分あるからです。

ミニマリストになりたいと思うし、ミニマリストになるチャンス!!と感じる女性もいるかもしれませんが、ミニマリストになるのは意外と難しいです。
物が溢れた生活を経験し、何かのきっかけで物が必要ないと感じた女性だけがミニマリストになっているように感じるので願望だけ抱いている方にとって3畳という部屋は苦しいだけの部屋になり直ぐに引越しを考える事になると私は思います。

また借金返済している方にもおすすめは出来ません
都心に10万円以下で住める事を魅力に感じているかもしれませんが、約10万円の家賃は意外と高いです。

多少離れたとしても3~5畳の部屋を探したとしたらかなり安い部屋に住めます。
また通勤や移動の短縮だとしても都内近辺であれば通勤時間の差は30分もない事が多いです。
それであれば借金返済のために少し離れた場所に住み、通勤時間やどこかに出掛けた際の移動時間をどう有効活用するかを考えた方がメリットが大きいように私は感じるからです。

都心にある3~5畳の部屋に憧れや期待を捨てた方がお得

賛否両論あり都心に憧れや期待を持っている方にとって魅力に感じるのかもしれませんが、暮らせるかもしれないという願望だけで住むと都心3~5畳の部屋は後悔する人が多いと私は思います

3畳という部屋は独房に感じる方などもいるそうです。
新築で風呂トイレ別のセパレートタイプの部屋もあるそうなので独房の雰囲気はないかもしれませんが、それぐらい狭いという事です。

お金がなく仕方がない選択のようにも見えますが、都内まで30分から1時間の移動距離と考えれば東京近辺に3~5畳以上の部屋がたくさんあります
また家賃を約10万円辺りで検討していたら部屋の雰囲気も同等ぐらい、またはそれ以上のお部屋で家賃も格段に安くなる事が多いです。

借金返済している方にとって都心への憧れが強い方がいたとしても、家賃が高くない東京の区内や区外、埼玉、千葉、神奈川辺りで賃貸を探した方が移動のデメリットはありますが、都外に住んだ方がメリットが大きい筈です。

借金返済をしていて最近東京都内の部屋を検討している方は一度部屋の条件や移動距離を再確認した方が良いかもしれません。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。