借金返済の完済を目指すのに、お金をコントロールする事が重要なポイントの1つです。

お金をコントロールしているという感覚を養う上で大切な事は「ほどほど」に「選択と決断」を繰り返す事です。

なぜ「ほどほど」に「選択と決断」がお金をコントロールに大切なのか

「ほどほど」と「選択と決断」を繰り返す事で脳が活性化され、お金を節約する事がストレスなく行う事が出来るようになるからです。

でもお金をコントロールするための「選択と決断」がなぜ「ほどほど」が良いのか。
それは大きなストレスを与えると脳が拒否反応を示すからです。

例えば突然「10万円節約しろ!」と言われても体が拒否反応を示しますよね。
ただ突然「500円節約しろ!」と言われても特に拒否反応を示す事が少ないと思います。

その拒否反応が脳には大きなストレスとなり、大きな節約を選択し決断したとしても、突然の事で脳が拒否を示してしまいますが、ほど良い小さな節約などの小さなストレスにはそんなに脳に負荷を掛けずに行う事が出来ます

この脳へのストレスは「選択と決断」を繰り返す事で脳が活性化され、節約すると言うストレスに対して徐々に適応されストレスを感じず行う事が出来るようになっていきます。

なので、100円や500円という少額でも節約という「選択と決断」を繰り返す事が大切です。

「100円や500円なんて節約する意味ある?」と思いがちですが、100円を節約した事を選択し決断した事はあなたの脳の活性化とへと繋がり、ストレス対応が徐々に身に付いていくためいつの間にかお金のコントロールが出来るようになっていきます。

少額でも節約、お金のコントロールをするのに「ほどほど」に「選択と決断」を繰り返す事は意外と大切な事を忘れないでください。

借金返済している方にとって意外とやりがちな「選択と決断」

借金返済をしている方には複数のカードローンやキャッシングを抱えている多重債務者も中にはいると思います。

多重債務を抱えてい借入先に返済する場合、金利の高いカードローンやキャッシングから返済するのが基本ですし合理的だと考える事が多いです。

金利が高いと無駄なお金を払っているので当然と言えば当然なのですが、現実的にはその方法では上手く返済できない場合もあります
返済している最中に返済金額が高すぎ、その借金返済が大きなストレスとなり挫折する場合も多いからです。

「お金をコントロール」や「選択と決断」の方向から多重債務の返済を見た場合、必ずしも金利の高いカードローンから返すのではなく、返せるカードローンやキャッシングを返し、完済した方が脳に与えるストレスが低く、返済が上手く運ぶ場合もあり、結果的に借金返済で支払う金額が少なく抑えられることもあります。

もちろん状況によって大きく変わるので一概に言えませんが、「ほどほど」に「選択と決断」を繰り返す事でお金のコントロールが上手く運びストレスも少なく済む場合もあるので、それぞれの借金返済金額や金利を今一度チェックして、借金返済について考える価値はあるかもしれません。

確実出来る事を決断する事でお金のコントロールができ借金返済の近道になる

お金のコントロールを身に付けるには手が届きそうな金額ではなく確実に手が届く金額を目安に決断と選択を繰り返す事で、お金に対する決断のストレスが軽減され、徐々にお金のコントロールが出来ます

節約や貯金などを行ったとしても一回の失敗で諦めてしまうのではなく、一回失敗しても次は自分なら出来ると前向きにお金に対する「決断と選択」を繰り返し行う事が大切です。

お金のコントロールはすぐに身に付くものではありませんが、自分にストレスなく節約や貯金を繰り返し行う事で知らぬ間に身に付く事を忘れないようにしてください。

長期的なスパンで考える事なので早めに借金返済に取り組みたい方は別の方法を考えた方が良いかもしれません。

もしかしたら私の借金返済方法が役に立つかもしれませんので、興味ある方はご連絡ください。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。