9月20日(水)に楽天カードから、下記の悲しいメールが届きました。

楽天カードからのお知らせ

平素は、楽天カードをご利用いただき、誠にありがとうございます。
「楽天カード利用獲得ポイント」に関する変更についてご案内をさせていただきます。
11月ご利用分(※1)の「楽天カード利用獲得ポイント」進呈より、今後下記ご利用分がポイント進呈の対象外となります。

【対象外となるご利用】
・nanacoクレジットチャージ
・モバイルSuica(※2)
・モバイルSuica年会費
・モバイルSuica(Apple)(※3)
・スマートICOCA(※4)

※1 2017年10月31日(火)以前のご利用分でも2017年11月5日(日)時点で楽天カードに売上情報が届いてないものはポイント進呈対象外になります。
※2 モバイルSuicaご利用分には、電子マネーへのチャージのほか、モバイルSuicaで購入されるモバイルSuica特急券・定期券・Suicaグリーン券なども含まれます。
※3 モバイルSuica(Apple)ご利用分には、モバイルSuicaからApple Payでチャージする電子マネーのほか、モバイルSuica(Apple)で購入されるモバイルSuica特急券・定期券・Suicaグリーン券なども含まれます。
※4 電子マネーへのチャージのほか、ICOCA発行再発行等も含まれます。

今後とも変わらぬご愛顧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

そうなのです。
楽天JCBカードでnanacoにチャージしても、11月分から楽天ポイントがもらえなくなるのです。

税金・公共料金の支払いに最適だった、楽天JCBカード×nanacoコンビ

通常、税金や公共料金の支払いにはクレジットカードが使えません。
しかし、セブンイレブンではnanacoでの税金・公共料金の支払いが可能です。
そして楽天JCB(VISA・MasterCardではダメです)カードでnanacoにチャージをすると、楽天ポイントが付与されます。
ということは実質的に税金・公共料金の支払いが、クレジットカードでできたのです。

これが今までどれだけお得だったか。。
私は毎年の固定資産税、自動車税をこの方法で払っていました。この2つの税金は金額が大きいので、楽天ポイントも貯まりました。

この方法が今後使えなくなるのです。

乗り換え先カードを模索中~

楽天JCBカード以外にも、nanacoチャージでポイントが付くクレジットカードがいくつかあります。
その中でもポイント還元率がお得なのが、リクルートカードとYahoo!JAPANカード(JCB)です。両方のカードとも年会費無料です。

ポイントの還元率で見ると、リクルートカードが1.2%。Yahoo!JAPANカード(JCB)が1.0%とリクルートカードの方がお得です。

それぞれのカードのポイントの利用先ですが、
リクルートカードは、Pontaポイントに交換してローソンで使えます。
Yahoo!JAPANカード(JCB)はTポイントに交換してファミマなど様々なお店で使えます。

私は、Yahoo!JAPANカード(JCB)に乗り換えようかと考えいます。自分的には、Tポイントの方が使い勝手がいいからです。
しかし、この2つのカードもいつまでnanacoチャージでポイントが付くか分かりません。楽天JCBカードのように、突然ルールが変更になるかもしれないからです。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。