はじめの一歩!自分の借金の総額を知ろう」や「借金の利息を知り現状を見つめ直そう!利息の仕組み」で、借金について理解が深まったと思います。

今回は自分が何にお金を使っているか把握するため、あなたの家計簿つけてみましょう。
面倒だと思っている方が多くいると思いますが、借金をしている人の多くは自分が何にお金を使っているか把握していない人が多いです。
家計簿を始める事でお金と向き合う事ができ、今後どう節約し、返済していくかのプランが立て易いので、是非この機会に始めましょう!!

なぜ家計簿をつけないといけないのか?

なぜ借金をしている人に家計簿をつける事を勧めるのか。
それはメリットが多いからです。
それでも、自分の手取り金額だったら楽々返済できるから家計簿なんて付ける必要ないと感じている方も多くいると思います。
借金を甘くみている、そこのあなた!借金中毒者予備軍ですよ!!

私も昔はそうでした・・・借金を気にせず自分の欲望のままに生きていたらいつの間にか雪だるま式に借金が大きくなっていました。
借金返済は借金について考えなくなる事が一番危険です。
忘れないでください。

それでも面倒だと感じる人も多いと思いますが、一度家計簿のメリットを確認し、家計簿を取り入れるか取り入れないかを判断していただければと思います。
それでは家計簿のメリットとデメリットについて、説明をします。

家計簿のメリット

家計簿をつけるメリットは借金がいくらあり、いくら返済できているかを常に管理できる事。
自分が無駄に使っているお金が分かる事。
例えば「携帯代って意外と高いけど安くできないのかなー」など自分の出費について考える事で支出の無駄を省く事に繋がります
また毎月の残金がプラスになった時もなぜプラスになったのか分かりますし、反対にマイナスになった時もなぜマイナスになったかが明らかになるので、そのマイナス要因に対してすぐに対策が取れるのが大きなメリットです。

デメリットは面倒という事ではないでしょうか。

家計簿・・・いったい何をつければいいの?


家計簿のメリット、デメリットが分かった所で次に家計簿のつける内容について書いていきます。
家計簿をつける物はノートパソコンでのエクセルアプリなどいくつか方法があります。
これは自分が家計簿をつけやすい方法でいいですが、私はエクセルとアプリの両刀をおすすめします。
エクセルだけだと家に帰らないと入力できないですが、アプリと両刀にする事で取り敢えず出費があったら入力しておけば後々まとめる時にチェックが楽だからです。
昔はアプリなんてなかったので面倒で大変でしたけど、便利な世の中になってきましたよねー
ノートを選ばなかったのは、書く行為とノートがかさ張るのが私としてはネックでした。
初めはノートでしたが、すぐにエクセルに切り替えました。

家計簿をつける項目

よく家計簿のつけ方で、始めは大雑把に分けると良いと書かれていますが借金がある場合、ざっくりと書いているとどこに出費があったか明確に分からないので、ある程度出費が分かるように項目を分ける事を私はおすすめします。
私は下記項目があれば月々の収支を直ぐに確認でき、どこに出費が多くあるか分かると思います。

まず項目を大きく分けると収入・固定支出・変動支出三項目に分かれます。

収入手取り額やボーナスを記入する項目です。
それ以外の収入がある方はその収入も含めてください。
次に固定支出です。家賃・水道代・電話代などが固定支出に含まれます。
電話代など常に変動していますが、私の中ではある一定額を変わらず払うものを固定支出としています。
最後に変動支出。変動支出は食費や交通費や友達・彼女との交際費などを入れています。
三項目を分けると以下になります。

[収入]

手取り金額・ボーナス・その他収入

[固定支出]

家賃・電気代・水道代・ガス代・通信費(電話代・ネット代)・保険料・借金

変動支出

食費(自炊・外食)・生活雑費・交通費・衣服費・美容費・医療費・交際費

以上項目で私は作成し、食費の外食代が多かったのを覚えています。
あの時は節約を考えずに外食ばっかしてましたからねー
えげつない金額でした。
衣服も最近だとユニクロやジーユーを上手く活用して安く購入しています。
社会人になるまで地元にマルイやお洒落な路面店なんてなかったですからねー
当時は目移りしまっくていました(笑)

家計簿のポイントは習慣づけをすること

家計簿で一番大切な事は習慣づける事が大切です。
私も鬼気迫るまで全くやりませんでしたが・・・
家計簿をつけた事で節約する事を覚えましたし、衝動買いが減りました。
お金について色々と悩み自分なりに解決方法を探していたからこそ、ある人に出会い、より早く借金を完済できたのだと私は思っています。
今考えると家計簿を付けた事がターニングポイントだったかもしれません。

では、さよなら借金生活!!

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。