賃貸マンションやアパートに住んでいると何度か引越しのタイミングがあると思います。

その引越し費用が意外と高いと感じた事はありませんか?

引越し費用は、引越し業者によって異なりますが、ある条件を満たせば引越し費用が安くなる場合があります。

そろそろ引越しを考えている方や今住んでいる家に悩みがあり、引越しを考えている方は引越しをする前に一度確認してください。

引越し代が高い時期を避け、安い時期を選んで引越しする

同じ量を運んだとしても引越しには安い時期と高い時期があります
また安い時期と高い時期の価格差は2倍以上の開きのある引越し業者もいます。

それだけ引越しには繁忙期と閑散期の差が大きく金額に表れます。
引越しのタイミングを選べるのであれば引越し業者の繁忙期ではなく、閑散期を狙って引越しをしましょう。

では繁忙期と閑散期の時期はいつなのかチェックをしましょう!

引越しの金額が高い繁忙期

引越しの繁忙期3月と4月上旬です。
3月・4月上旬という時期からも分かる通り、入学、就職の時期と大きく重なります。

特に3月は大学へ入学する方や新社会人として就職する方が引越す事が多く、引越しをしたくても引越し業者のスケジュールが埋まっている事が多くあります。
そのため、引越しの金額も正規の金額以上に値上がりをしています。

引越しの金額が安い閑散期

閑散期3月と4月上旬以外を避ければ、どの月も金額に大きな差がなく変な話それ以外の時期は閑散期と言えます。
3月と4月上旬以外、他の時期はそれほど金額の差異はありません。

強いて引越しするべき時期を挙げるとしたら、7月・10月・11月辺りが狙い目です。

8月は夏休み時期と重なり、旅行する方も増え、遠い場所から引越しをする場合、渋滞など時間を取られ普段の引越し時間以上に時間が掛かる場合があります。
1月や12月なども年末年始に重なると値段が上がりますので注意が必要です。

私が挙げた7月・10月・11月辺りは長期連休もなく、天気も気温も最適な温度だと思います。
引越し業者に依頼するとしても、何だかんだ片付け等には時間が掛かります。
暑い時期に引越しをすると意外と大変ですし、雨が降ったとしても引越し業者は最新の注意を払って荷物を運んでくれますが、荷物に心配が残るためです。

気温や天気、長期連休などの影響が少ない7月・10月・11月が穴場だと私は思います。

引越し時間を業者の都合に合わせる

次に引越しの金額を安くする方法として引越しの時間を業者の都合に合わせると金額が安くなります

これは何故安くなると言いますと、引越し業者が1日に引越しできる回数が決まっているからです。

例えば神奈川から千葉に引越し予定のAさんが昼から夕方に掛けB引越し業者に引越しを依頼した場合、あなたが神奈川に住んでいて夕方に引越しをしたいとしても、B引越し業者のスケジュール的に間に合わないという事が起こります。

その場合、スタッフのフォローを入れたりして引越しをしないといけません。
そのため、普段の値段より金額が吊り上ります。

しかし、B引越し業者は昼から予定はあるが午前中は空いています。
B引越し業者の空いている時間にこちらが時間を合わせると、B引越し業者が値段を下げてくれる場合があります。
時間に余裕がある場合、一度業者に相談してみるのはありです。

その場合、他のC引越し業者とB引越し業者を比べると分かりますが、B引越し業者の方が金額が安かったりします。

近場の引越し業者に依頼する

あなたの家の近くに引越し業者があり、近場から近場への引越しに限定されますが、あなたの近くにある引越し業者に依頼すると引越しの値段が安くなります。
引越し業者もあなたの家に向かう時間も掛かりませんし、近場から近場の移動となり、作業も早く終えられるため、金額を下げて提示してきます。

こちらも他の業者と比べて分かる事ですが、確実に安くなっています。

3~4社の見積もりを取る

引越し業者によって、引越しの値段はかなり異なります
閑散期でも業者によって倍近い値段が違う場合もあります。

特に金額が高い傾向として、大手の引越し業者は基本的に値段が高く、あまり知られていない引越し業者だと比較的安い傾向にあります。

引越しを依頼する場合、1社の見積もりだけ取って決めてしまうのではなく、最低3~4社取ってからどの引越し業者に依頼するか決めましょう

ダンボール調達、引越しの荷造りを自分でする

ダンボールの調達や引越しの荷造りを自分で行う事で金額を安くする事ができます。

特に荷造りを引越し業者に依頼すると、金額がかなり高いので荷造りは絶対に自分で行いましょう。

ダンボールも荷造りと同じく自分でダンボールを集めた方が安いです。

ただ、ダンボールや服を掛けるダンボールラック、ガムテームなど引越し業者に確認すると無料で用意してくれる場合があります
まず引越し業者に確認し、無料で段ボールやガムテープが貰えるか確認しましょう。

貰えなかった場合、スーパーやドラッグストア、コンビニなどでダンボールを貰って荷造りをしましょう。
ダンボールはスーパーやコンビニで貰うより、ドラッグストアで貰うのがおすすめです。
ドラッグストアのダンボールはスーパーやコンビニに比べると丈夫で大きいです。

不用品を出来るだけ処分する

引越し業者の値段は、トラックの大きさやスタッフの人数も引越しの金額に左右されます

トラックの大きさは2~4tトラックがあり、どのトラックに積み込める量なのかを判断し金額を割り出しています。

極力荷物を減らした方が安くなりますが、引越し業者はどこで荷物の量を判断し値段を決めているのか
それはダンボールいくつあるかによって値段を判断し、引っ越し料金を決めています

荷物が少なく2tトラックに収まる量で必要品か不用品か判断に迷っている場合、その迷ったアイテムを処分したとしても引越し代は変わらない事もあります。
注意をしましょう。

見積もりを取る前に必要品と不用品は判断する

引越し業者に見積もりを依頼する場合、必要品と不用品をしっかりと判断してから見積もりを取りましょう
例えば、不用品がある状態で見積もりを取ると、その不用品を含めた値段で計算をされてしまいます。見積もりを取った後、引越し前日に不用品を処分し引越しする荷物を減らしたとしても、見積もりを取った金額からは変わりません

見積もりを取って数日余裕があれば多少変わる可能性はありますが、ダンボール一つ分減らしたぐらいでは金額は変わりませんので注意をしましょう。

特に大型の荷物があり、スタッフの人数が変わる場合は見積もりを取った金額と大幅に変わる可能性があります

引越し業者の見積もりを取った後に大型の荷物を処分した場合、なるべく早く引越し業者に相談しましょう。

引越しをする場合、繁忙期を避け極力引越し業者の時間に合わせよう

引越し代を安くする方法はさまざまあります。

しかし、引越しの値段に一番影響するのは繁忙期を避ける事と引越し業者が希望している時間に合わせると効果的に金額を安くできます。

その他の方法は個人の場所や荷物量によって異なるため、使える場合と使えない場合が大きく分かれます。

少しでも安く引越しを行い気分良く引越しを行いましょう。

借金で困っている方、いらっしゃいませんか。

管理人チバタケルは、この方法で借金を返済しました。
借金のせいで、心身ともに疲れ果てた時期もありました。
今はこのチャンスをもらったことで、明るい人生を取り戻すことができ、とても感謝しています。詳しくはこちらをご覧ください。

働いていて一定の収入がある方なら、借金を返済する方法があります。

お気軽にお問い合せください。

ボランティアでやっておりますので、相談料や成功報酬のようなものはいただきません。